今は千年ほど昔

12345 (4 投票, 平均点: 4.75)
Loading...

今は千年ほど昔

サイト:小説家になろう

キーワード:シリアス 中世 タイムリープ 内政 平安時代

 山道を歩いていたら千年昔の関東に来てしまった主人公アキラ。足利荘の屋敷に拾われた彼は戸惑い苦しみながら半年を生き延びたが、アキラにも、平安時代中期の関東平野にもやがて春はやってくる。
 時は摂関時代、国風文化の盛り。地方では律令制の行政官である受領がはばをきかせる一方、武士たちは勢力を拡大し続けていた。田畑は荒廃し、庶民は麻しか着るものが無く、生まれ変わりを信じ、挨拶も敬語も、儀礼は内裏の中にしか無い時代だ。
 平安時代の真ん中の一見平和に見える東国に、波乱の予感がアキラにも感じられるようになる。血と暴力、悪鬼と疫病、風雅と迷信、貧しく不潔な平安の世をアキラは成り上がり生き抜く。

11話までの感想。連載中。
あらすじの通りかな。
主人公は知識チートしてるけど、現代知識が半端で精神も一般人らしいのが良い感じ。
描写は細かく文章はしっかりしていて多少硬さを感じるけど、読み辛いことは無かった。
ただストーリーは方向性が定まってないような。書き方とまだ話数が少ないせいかな。
でも地味なこと色々やってるのは面白い。結構好きなタイプの作品。

スポンサーリンク