麻帆良に現れた聖杯の少女の物語

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
スポンサーリンク

麻帆良に現れた聖杯の少女の物語

原作:魔法先生ネギま!

サイト:ハーメルン

キーワード:オリ設定 原作改変 Fate イリヤスフィール チート

気が付くと彼女は森の中に居た。

記憶は無く、自分が何者かも判らない。

ただ、麻帆良と呼ばれるその土地で保護を受け、己が姿を確認し。今居る世界とは異なる創作上の人物の身体を持ってしまったらしい事は理解できた。

だが、その身体が秘める力と与えられた七騎の力を持って何をすべきか、何を成すべきか、何の意味があって「ネギま!」と呼ばれる創作上の世界に己が在るのか理解できなかった。

だから彼女は、この世界でやがて英雄と呼ばれる事となる主人公しょうねんに深く関わる気も、彼の物語かつやくにも進んで介入する気は無かった。

しかし―――ある日、ある夜に、それは変わる。

その時より彼女の運命Fateは動き、物語は開幕する。

33話までの感想。連載中。
タイトル通り。
文章は読みやすいし、心理描写がしっかりしていて良い具合。
主人公が落ち着いていてふざけないから安心。ストレスも溜まることが無い。
どのキャラも扱いがそう軽くなくて良い。ネギが酷いことにならないし。
クロスで主人公以外が転移するのは好きじゃないからその辺は少し。でも面白かった。
シリアス大目で和むような場面もあったりと作品の雰囲気が好みに合った。