異世界一覧

道具屋のおっさんが勇者パーティーにリンチされた結果、一日を繰り返すようになった件。

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

道具屋のおっさんが勇者パーティーにリンチされた結果、一日を繰り返すようになった件。

サイト:小説家になろう

キーワード:チート コメディ寄り 成り上がり おっさん ループ ステータス要素あり

道具屋の店主モルネトは、ある日訪れてきた勇者パーティーから一方的に因縁をつけられた挙句、理不尽なリンチを受ける。さらに道具屋を燃やされ、何もかも失ったモルネトだったが、神様から同じ一日を無限に繰り返すカードを授かったことで開き直り、善人から悪人へと変貌を遂げる。最早怖い者知らずとなったモルネトは、どうしようもない人生を最高にハッピーなものに変えていく。綺麗事一切なしの底辺道具屋成り上がり物語。

15話までの感想。連載中。
あらすじの通りなのかな。
最初は重い展開らしいけど、一方的で主人公の信用無さ過ぎてギャグみたいに見えた。
主人公が善人って設定もそうは思えず気持ち悪さを感じるし、主人公にも問題があるような。
クズキャラも嫌いじゃないけど、他に魅力な部分が無いしその他のキャラも合わなくて。
設定は良さそうだった。でもこれはちょっと向いてないみたい。


竜操者は静かに暮らしたい

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

竜操者は静かに暮らしたい

サイト:小説家になろう

キーワード:竜操者の戦記 序盤は学園に通います 魔法や呪い

昼間はパン屋の息子、夜は暗殺者と二重生活を続けるレオンは、ある日竜に選ばれて、竜操者になることが決まってしまった。
竜の学院に通い、無事シャラザードという竜を得ることができた。

「学院を卒業したら、辺境でパン屋をやりながら静かに暮らそう」

そんなささやかな夢(笑)を打ち砕くように、月魔獣の大量降下(大転移)や、豊穣の地(楽園)の情報など、レオンに休まる時はない。
果たしてレオンは、隠居して静かに暮らすことができるのか? いいや出来やしな……おっと誰か来t(略

15話までの感想。完結済み。書籍化した。
あらすじの通りなのかな。
シリアスな所があって設定とか少し変わってたりもするけど、雰囲気は軽い感じがする。
だから真面目な場面をやっていても真剣に読み辛くて、割りと白けたりすることが。
ストーリーは主人公sugeee要素が強そうで、主人公が合わなかったからどうにも。
色々と向いてなかったけど、書籍化もしていて人気はあるみたい。


異世界の気象予報士~世界最強の天属性魔法術師~

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

異世界の気象予報士~世界最強の天属性魔法術師~

サイト:小説家になろう

キーワード:異能力バトル 冒険 成長物語 異世界 学園

雷雨の日に産まれた少年――名を、アラン・ノエル。
落雷のもとに産まれた彼にはある能力が備わっていた。
それは天候を予知し、操れることだった。
世界には魔法属性として火、水、土、風が主流であったが、彼はその中の何物でもない--世界でも最強で稀な「天属性」だった。そんな紛れもない天才を、世界が放っておくわけがなかった。
そしてゆくゆくは世界最強の天属性魔法術師になってしまうまでのお話。

1章までの感想。連載中。書籍化した。
あらすじの通りだと思う。
何となく作者の人女性っぽいような、文章や作品の空気からそんなものを感じた。
転生とか無くじっくり進んでいくのは良いけど、子供過ぎる主人公はやっぱり合わない。
子供だから主人公が積極的に何かする話でもないし、雰囲気が何となく苦手。
もっと先まで進めば何かあるんだろうけど。書籍化しているし人気はあるんだろう。


【R-18】力のある屑は手に負えない

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

【R-18】力のある屑は手に負えない

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:R-18 異能 支配 チート

とある世界に、神々が力をもたらした。それは神々の加護と呼ばれ、力の種類は様々だ。
それは時に祝福をもたらし、時に脅威をもたらす。
そしてこれは、最低最悪の力を持った男が、何もかもを手に入れようとする物語である。

13話までの感想。連載中。
タイトルの通りかな。
18禁な場面が中心のストーリーみたいだけど、18禁な場面が何か薄いような。
そこまでが洗脳であっさりだし、キャラの描写が濃くないからただ18禁ってだけみたい。
主人公がクズってことについても、本当にクズってだけで魅力的な所が無くて。
ストーリーとか何か好みに合う所があれば良かったけど、どうにも向いていなかった。


英雄の中の英雄の物語 〜アレスティア建国記〜

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

英雄の中の英雄の物語 〜アレスティア建国記〜

サイト:小説家になろう

キーワード:オリジナル戦記 日常 冒険 異世界 主人公最強

人族を筆頭に、耳長族、魔族、獣人族など多くの種族が暮らすアルカディア大陸。

強国、神聖アルカディア帝国を筆頭に多くの国々が争っていた戦乱の時代。

神聖アルカディア帝国の貴族に産まれたアレス・シュバルツァーには秘密があった。

それは過去の英雄たち…軍神、剣聖、錬金王の記憶をもって生まれたのである。

これは先人たちの知識や技と多くの仲間たちに支えられてアルカディア大陸の戦乱を治め、後に「英雄の中の英雄」と呼ばれた男の物語。

10話までの感想。連載中。
あらすじの通りなのかな。
ストーリーがどうとかより先に、主人公SUGEEな内容ばかりでさっぱりついて行けなかった。
キャラを把握する前にそんなことをやられても、面白さが何も分からなくてどうにも。
それに登場人物のその後についても書いてあって、こういうのもあまり好きじゃないかな。
主人公SUGEEな話が好きなら合うのかもしれないけど、向いてなかったみたい。


100年後に魔術書として転生したけど現代魔術師は弱すぎる

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

100年後に魔術書として転生したけど現代魔術師は弱すぎる

サイト:小説家になろう

キーワード:西洋風ファンタジー 魔法 現地主人公 転生

 最強の魔術師として恐れられたバラムは、弟子の裏切りによって魔法を無効化する護符を盗まれ、大賢者と英雄達のパーティーによってついに倒されてしまう。
 それから100年後。その死体を魔術書の装丁として利用されていたバラムは、ネクロノミコンという名の魔術書として復活してしまった。かつての弟子に復讐するか、再び世界を支配するか、やり終えられなかったダンジョンの研究に戻るか……だが現代の世界を見たネクロノミコンはその考えを捨ててしまう。
 現代の世界は、彼の生きていた時代に比べ、もう多くの魔法を失ってしまっていた。

15話までの感想。連載中。書籍化した。
タイトルの通りなのかな。
でも主人公は魔術書を使う少女。チートな道具と女の子の組み合わせであまり珍しさは。
設定はちょっと凝ってるようだけど、それほど変わった感じもしないファンタジー。
文章は会話も説明っぽく感じる所が多く、何となく読み辛さもあってダレてきた。
設定やキャラなんかが好みに合えば良いのかも知れないけど、向いてなかったみたい。


勇者の影で生まれた英雄

12345 (1 投票, 平均点: 2.00)
Loading...

勇者の影で生まれた英雄

サイト:小説家になろう

キーワード:異世界転移 勇者 ハーレム 魔法 戦記 NTR

 大国の王都の裏町に両親を失くした主人公は妹と二人で暮らしていた。
 人には言えない秘密を抱えた主人公は、目立たない様にひっそりと暮らしていたつもりだったのだが、軍での昇進、それと、ほぼ同時期に行われていた勇者召喚をきっかけとして、否応無しに表舞台に引き摺り出されることになる。
 戦争や謀略に巻き込まれていく主人公。そんな中、ある事件をきっかけに復讐を決意した主人公は、やがて自らが世界を巻き込むようになっていく。

18話までの感想。連載中。
あらすじの通りなのかな。
シリアスでくだらないギャグとかは無い。だから主人公を持ち上げるような所は気になる。
内容が真面目な感じなのに、主人公が異様に有能で評価される描写があるから躓いて。
ストーリーも地味に進んでいくみたいで、惹かれるような要素も見つけられずで。
お勧めされたので読んでみたけど、特に主人公の性格が合わず向いてなかったみたい。


【R-18】ド田舎辺境領地から帝国最大の都市へとハッテンさせる為のヒミツの裏技

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

【R-18】ド田舎辺境領地から帝国最大の都市へとハッテンさせる為のヒミツの裏技

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:R-18 西洋 古代 内政 ハーレム

若くして領地を相続した貴族にも悩みはある。
学生時代に過ごした帝都に強く憧れを抱いていた彼は、久々に帰って来た辺境領のド田舎っぷりに嫌気が差していた。
快適な住環境と充実した娯楽に魅了された彼は、田舎の生活にはすっかり馴染めなくなっていた。
「出来れば一生、帝都で暮らしたい」
叶わぬ願いを夢想していると、ふと一つの閃きが頭を過る。
「我が領内に帝都と似た大都市を作ればいいのでは?」
無謀な野望だが、枯れた様に生きたくはない。
領主となった事をこれ幸いにと、彼は領内の徹底的な改革と開拓を目指し奮起した!
この物語は、そんな彼が野望に向けて悪戦苦闘する日々を描くサクセスストーリーである。

10話までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
内政中心の話で設定は細かく描写も丁寧。でも色んな所で必要以上に力が入ってる気が。
雰囲気は伝わるけど、ストーリーに関係無さそうな所はもっと簡単な描写の方が良いかな。
主人公の考えをダラダラ読まされてる感じがして、それよりテンポ良く話を進めて欲しい。
内政ものは好きなんだけど、キャラが合わず向いてないみたい。