異世界転移一覧

【R-18】スキル『かばう』は命がけだけど、チョロインたちとイチャラブハーレムできました!

12345 (2 投票, 平均点: 3.00)
Loading...

【R-18】スキル『かばう』は命がけだけど、チョロインたちとイチャラブハーレムできました!

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:R-18 異世界転移 勇者 西洋 魔法 チョロイン

主人公南部カズヤは小太りでさえない風貌の高校生。
ある日、ふとしたことがきっかけで異世界に転移してしまう。

異世界で手に入れた能力は「超再生」。
多少のダメージなら瞬時に回復し、ちょっとやそっとのことでは死なない体を手に入れたカズヤ。

でも、再生以外の能力は転移前と変わらないので、コツコツ雑魚と戦って少しずつレベルを上げていく。
そんな冒険者生活の中、時々女の子をかばったりして好感度を上げて、イチャラブハーレムを作るお話。

出てくる女の子はチョロイン成分多めです。

22話までの感想。連載中。
あらすじの通り。
主人公は最初能力が無くあまり頭を使わないキャラで、緊張感も無いからイライラと。
キャラ付けだろうけど、主人公がぶひぶひ言ってるのも苛立って仕方なかった。
ストーリーに何かあればいいけど、テンプレっぽいだけで特に目的も無くてどうにも。
なろうの作品に18禁要素が少し足された感じで、この主人公がどうしても合わなかった。
テンプレで読みやすさはあるから、そういうのが好きなら向いてるのかな。


異世界にて軍師になりました

12345 (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

異世界にて軍師になりました

サイト:小説家になろう

キーワード:異世界転移 オリジナル戦記 知識チート

主人公 櫻井晴人(さくらいはると)高校二年生。
現代に伝わる兵法書は全て読み尽くしたと自負する晴人は、突然、八つの国が四百年間覇を争っている世界に転移してしまう。
そんな世界で、国を滅ぼされたばかりのお姫様に出会い、軍略、策略、謀略、様々な手段を駆使してお姫様の国を取り返そうと奮闘していく物語。

中世ヨーロッパの騎士や遊牧民族、侍等が戦い、武器や戦術の進化の過程を描いていく予定です。魔物や魔法なんてありませんので悪しからず。

2章までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
主人公が軍師ってことで知的な主人公を期待したけど、全然そういう感じじゃなかった。
内容も敵が無能だから、主人公を持ち上げるためみたいで。ご都合主義感も割と。
そんなのだからストーリーが薄く戦闘描写も緊張感無くて、集中力が途切れた。
なろうで硬いと受けないだろうから、これくらいの緩いほうが良いのかもしれないけど。
あらすじ見て少し良さそうだったけど、好みには合わなかったかな。


ブラック会社に勤務していた私が異世界に転移したら

12345 (5 投票, 平均点: 3.60)
Loading...

ブラック会社に勤務していた私が異世界に転移したら

サイト:小説家になろう

キーワード:異世界転移 日常 冒険 おっさん ネットスーパー

西条四阿は(法的に)ブラックな企業に勤めていた。

非常に危うい業務内容の会社に勤めていた私は、ある日突然神様の力でゲームの中世じみた異世界に転移した。
異世界でも自由に発注出来る端末と色々とやばい会社で培った知識を使い、異世界の危地を切り開く。
日用品でも危険はいっぱい。取扱注意の攻略法。くれぐれも真似は危険ですので、ご注意下さい。

2章までの感想。連載中。
あらすじの通りかな。
主人公のチートで出来ることが面白そうで読んでみたけど、普通のファンタジーものみたい。
依頼受けて金を稼いでな話で、特に目的も見えてこないからだらけて。
人を殺せるタイプで良さそうな主人公なのも、そこが何だかあっさり過ぎて魅力を感じず。
好みに合わなかったけど、ランキング載っていたから人気はあるんだと思う。


『(株)総合勇者派遣サービス』 ~派遣先は異世界で業務内容は俺TUEEハーレム勇者だった件~

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

『(株)総合勇者派遣サービス』 ~派遣先は異世界で業務内容は俺TUEEハーレム勇者だった件~

サイト:小説家になろう

キーワード:俺TUEE チート 異世界往来

 Fランク大学に通っている柊翔魔(ひいらぎしょうま)は、就活戦線一五〇戦全敗を記録していた。そんな彼が最後に挑んだ『(株)総合勇者派遣サービス』はトンデモない会社で、そこの社員として採用された翔魔は勇者適性SSSという破格の力を手に入れることとなった。

 けれど、異世界では破格の力を手に入れながらも日本に帰れば『タダの一般人』。そんな翔魔に次々と妖しい社長や日本政府からの無理難題が降り注ぐ、そんな難題解決しながら、次々とチームに加入する仲間と共に、お仕事を通して人として翔魔は成長していく。異世界往来お仕事系ファンタジーとなっています。

20話までの感想。連載中。
あらすじの通りかな。
地の文は細かい描写だけど、いらないものも多いような。物語が動くまでがダルい。
これはって惹かれる所も特に無かったから、説明ばかりの所も辛くて。
ギャグやっているのも、キャラがあまりにアホっぽく見えて段々冷めてきて。
かなりチートな主人公でそれが合えば面白いんだろうけど、向いてなかったみたい。
書籍化するらしいから人気はあるはず。


【R-18】えっ、転移失敗!? ……成功?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

【R-18】えっ、転移失敗!? ……成功?

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:異世界転移 現代日本 中世~近世欧風世界

しがない工場作業員・藤堂陽一(35歳独身ワープア)は、とある青年とともにトラック事故に巻き込まれた。そこに現れた管理者を名乗る女性から、自分はただ巻き込まれただけであることを告げられる。チート能力を付与されて剣と魔法のファンタジー世界へと異世界転生する青年に対し、陽一は転生先の存在に空きがないため元の肉体を復元しての転移となる。チート能力にも空きはなかったが『定番スキルパック』は何とかもらえることとなった。【鑑定】【無限収納】【言語理解】【帰還】という異世界モノのラノベでよくあるスキルを与えられた陽一。ワープアとしてただ生きるために働くだけの人生から脱却し、異世界生活を満喫すべく期待に胸を膨らませながら目覚めた先は、どう考えても元の世界だった……。

3章8話までの感想。連載中。書籍化した。
日本と異世界を行き来する主人公。
1章は風俗通いな主人公にうーんとなるし地味だけど、この地味さが良い。
地球で目立たず金や装備を手に入れる様子が楽しい。主人公が割りと普通な所も。
2章からは普通の異世界ものっぽい。1章の良かった所が見えなくなった。
これはこれで読みやすいし、書籍化までしてるんだから悪くないんだろうけどどうにも。


世界異世界転移

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

世界異世界転移

サイト:小説家になろう

キーワード:異世界転移 オリジナル戦記 ミリタリー 国連軍

東京オリンピックを控えた2020年、世界の国々はお互いの位置関係を変え、さらに突然別の惑星へと転移してしまう。衛星で新たな国を発見したアメリカと日本はその国へと外交官を派遣し国交を開こうとするが、突き付けられたのは「隷属」であった。当然の如くこれを拒否した外交官達。すると今度は旧”地球圏”に殲滅戦を宣言した。
それを受けた国連安全保障理事会は史上初の国連軍の派兵を決定した。(参加国 日仏独英米露中)
作中では現存する兵器のみ登場。一切オリジナル兵器は出てきません。
今のところ登場している軍:日本国自衛隊、アメリカ合衆国 海軍、海兵隊 ドイツ連邦共和国 陸軍(降下猟兵)

22話までの感想。連載中。
あらすじの通り。
複数の国も一緒だけど、やってることはよくある日本転移っぽいようなストーリー。
でも政治でゴタゴタした所や転移直後の混乱した描写も無く、いきなり戦争開始。
ストレス溜まりそうな所やテンポ悪くなりそうな場面がほとんど無しであっさり。
少しくらい緊張感ある展開もあったが良い気もするけど、こういうのも良いしこれから?
細かいこと気にしなければ悪くない。


日本転移録

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

日本転移録

サイト:小説家になろう

キーワード:異世界転移 軍隊 転生 架空戦記 ファンタジー

魔法があるが文明が中世程度の異世界に突如召喚された日本。
突然の出来事に戸惑う日本と日本に国力で圧倒される異世界側の苦悩。
異世界の人類と地球では架空の存在だった異種族との交流と対立。
そんな異世界の日本で日本国自衛隊の伊井綱作三等陸尉はどうなるのか?

小話『竹島』 までの感想。連載中。
あらすじの通りなのかな?
よくある日本転移の面倒な所の描写を、強調して捻ってる困難ばかりな話。
だから現実的な所もあるけど、ストーリーの都合か所々でおかしなことしてたり。
前書き後書きと、IFENDも言いたいことは分からなくは無いけど、これはどうかな。
スッキリする場面も無くてストレスばかりが溜まった。
どうも向いていなかったみたい。


石ころ冒険者

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

石ころ冒険者

サイト:小説家になろう

キーワード:日常 現代 魔法 異世界往来 冒険者派遣業

 日本には現在、一万二千人の冒険者がいる。

冒険者は青銅・白銀・黄金の三クラスにランク分けされている。青銅クラスは一一〇〇人程度、白銀クラスは一〇〇人程度。黄金クラスは日本には四人、全世界で一二人しか存在していない。
三クラスに入る冒険者は全体の一割。残りの九割はランク外の、「石ころ」と呼ばれる冒険者だ。冒険者歴三ヶ月、国内順位一万一四八一位――花園巽(はなぞの・たつみ)は有象無象の、石ころ冒険者の一人である。

現代の地球と、メルクリアと呼ばれる異世界が限定的ながらつながり、往来が可能となった時代。異世界に派遣され、モンスター退治を担う「冒険者」という職業が世に登場して一〇年。黄金・白銀・青銅の冒険者がメディアにもてはやされ、多くの子供がそれに憧れる時代。かつてそんな子供だった花園巽は今は冒険者の一人であり……厳しい現実に直面していた。

もしかしたら世界のどこかで黄金クラスの誰かが人類の命運を懸けて魔王か何かと戦っているのかもしれないがそんなこととはこれっぽっちも寸毫も全く何一つ関係なく--自分の夢のため、未来のため。そして借金を返すため、明日のご飯のため、生活のため。今日も巽はソロで低レベルの雑魚モンスターを狩り、小銭を稼いでいく。いつの日にか、石ころから抜け出して青銅クラスに上がることを夢見て。

これはそんな有象無象の、駆け出しのひよっこの、石ころ冒険者の日々の奮闘の記録である。

8話までの感想。連載中。
あらすじの通りかな。
あまり派手さは無いけど、文章も悪くないし設定も凝っていて完成度は高い。
でもやっぱり地味で盛り上がりに欠けるし、設定もはっきりしていない所が気になる。
地球側の政治的な話とか社会について、あえて控えめな描写をしているんだろうけど。
面白くなりそうだけどそこまでが長そう。ランキングに乗っていた作品。