「 異世界転生 」一覧

いかにして僕は中世のお姫様に転生して○○○したか

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

いかにして僕は中世のお姫様に転生して○○○したか

サイト:小説家になろう

キーワード:ボーイズラブ ガールズラブ 転生 中世 異世界 技術チート

現代日本から、中世欧州っぽい世界に転生したお姫様が、自分の生活をちょっと改善するために技術開発に勤しみます。

完結済み。
あらすじの通り。
内政なんかを中心にやってる話で、量もあまり無くお手軽にスラスラ読める。
一部に性的な場面があるのは少し気になったけど、ほんの少しだからなんとか。
軽い雰囲気で狂気が漂っているのは良かった。普通に出てくる洗脳教育とか良い感じ。
やっぱりこういう話は好みに合う、もっと量が欲しかったけど。


【R-18】異世界転生した俺の欲望まみれの日々

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

【R-18】異世界転生した俺の欲望まみれの日々

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:R-18 西洋 中世 冒険 魔法 ダンジョン

異世界転生を果たした俺がなんだかんだで奴隷を買ってハーレムを作ってみたんだが、こいつらなんか厄介事を呼び込んでこないか?
異世界テンプレで財を築いた少年君が奴隷だったり町娘だったり冒険者だったりする女の子と組んず解れつしたり戦ったり金儲けしたりするお話。

14話までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
18禁な所はそこそこでストーリー寄りの作品みたい。何となく雰囲気が好み。
まだ全然話が進んでいないけど、設定やこれから起きそうな出来事が面白そう。
ご都合主義だったりヒロインなんかはどうかなって思ったけど、これはまあ何とか。
一般パートが良い感じだったから、このままそれ中心に進めて欲しいかな。


【R-18】生存戦略としての世界征服

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

【R-18】生存戦略としての世界征服

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:異世界転移 ダーク 西洋 中世

俺はこの世界を変えてみせる。
理想とかないけど、死にたくないから!

俺は何の脈絡もなく、異世界の魔族青年ニグラットと魂を交換されてしまう。
その直後、ニグラットを捕らえるべく兵士の一団が雪崩れ込んでくる。
俺は魔族の力で彼らを殲滅したが、やがて過酷な現実を突きつけられる。

・帰る方法などない。
・俺はこの世界の敵である。
・殺されたくなければ、世界を征服するしかない。
・それにはたくさん子供をつくる必要がある。

こうして俺の戦いと子作りの日々が始まったのだった。

10話までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
今の感じだと18禁な所より、ストーリーを重視していくみたい。
主人公はおかしなことをしないし、レベルやステータスが無い。やっぱりこういうのが良い。
力はそれなりみたいで登場キャラの年齢も高め、渋く厳しくなりそうな設定も良さそう。
設定が細かくじっくり進んでいきそうだけど、先が面白そうで退屈しそうにない。
更新も毎日続いていて期待できそう。


予言の経済学 ~巫女姫と転生商人の異世界災害対策~

12345 (3 投票, 平均点: 3.33)
Loading...

予言の経済学 ~巫女姫と転生商人の異世界災害対策~

サイト:小説家になろう

キーワード:異世界転生 ラブコメ 成り上がり 現代知識の応用で無双

「どうか聞いてください。今年、西方より大いなる災いがこの国を襲います」
平和を謳歌する王国に王女アルフィーナの不吉な予言が告げられる。だが、反逆者の血筋を疎まれる姫の言葉は無視される。
経済学部院生から行商人の子に転生した主人公リカルドは身分社会で大商人の妨害に苦戦。情報を求めて入った学院でも早々に反感を買っていた。
そんなリカルドを庇ったのはアルフィーナだった。「王女なんてボラティリティーの高い人間には近づかない」と保身に走ろうとするリカルド。だが「策士を気取ってる割にチョロい」と幼馴染に嘆かれる彼は、姫の予言に巻き込まれていく。
「もっともらしさは問題じゃない。仮説の成否を検証できるデータをどう取るかが重要だ」
災厄の本体ではなく被害後しか映さない予言に対し、リカルドは現代知識の概念を魔力災害に応用することで解明していく。

2章までの感想。完結済み。
あらすじの通りかな。
いろんな所で名前を見かけて評判良いから読んで見たら、確かにそれだけのものはあるかな。
派手な方じゃ無いけど、主人公が現実的に知識を使っている所とか良い感じで。
でもこの主人公の考え方やすること一つ一つ、イラッとくることがよくあって気に障る。
異世界も主人公が活躍するため、都合よく出来ているように見えることもあってどうにも。
良い作品で人気あるのも分かるけど、主人公が合わず向いてなかったみたい。


田中タダシ(41)建国記 『中世ヨーロッパ風なんてキツすぎる!』

12345 (3 投票, 平均点: 4.00)
Loading...

田中タダシ(41)建国記 『中世ヨーロッパ風なんてキツすぎる!』

サイト:小説家になろう

キーワード:異世界転生 オリジナル戦記 知識チート

作者:小倉ひろあき

平凡な人生を歩んだサラリーマン田中。
彼は41才という短い人生を終えた……はずだった。

だが気がつけば、彼が立っていたのは『中世ヨーロッパ風』の世界だった。
中世とは暖炉も無く、食事は手づかみ、挙句の果てには都市で豚を放し飼い……豚は何を食べてるのかって? ウンコですよ。

田中はこの厳しい世界で、「バリアン・ド・リオンクール」として第二の人生を歩む。
平凡なサラリーマンは生き残れるのか?

7章までの感想。連載中。
あらすじの通り。
暗黒な世界に染まって、蛮族生活を満喫している主人公が楽しい。
楽しいけど、本当に蛮族染みた事をしている場面は流石に不快感が少し。
でも戦争やってるのは面白いし、ある程度の残虐な所は良かったけど。
知識チートは使うならもっと使って欲しかった。作ったものは微妙な物も多いし。
好きな方だけど、何か濃過ぎる。そこが良いんだけど。


【R-18】オーガ帝国建国戦記

12345 (1 投票, 平均点: 4.00)
Loading...

【R-18】オーガ帝国建国戦記

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:R-18 異世界転生 古代ファンタジー 奴隷 西洋

日本人が異世界に転生したら、過酷な環境で幼少から兵士としての訓練を受けることになった。その甲斐あって手に入れた力でやるべきことは決まっている。

無法地帯の世の中で、欲望の赴くままに女を手に入れてゆく。

7話までの感想。連載中。
あらすじの通りかな。
今の所魔法なんかは無し、オーガって言うのも主人公が超人でそう呼ばれるから?
荒れている世界に転生とかは良い、でも奴隷村の人間の反応や関係なんかに違和感。
そういう文化で奴隷の集まりの村だからと言われたらそこまでだけど。別視点が欲しい。
まだ序盤で大きなことはやってないけど、面白くなりそうな所がある。これからどうだろう。


【R-18】侯爵嫡男好色物語

12345 (11 投票, 平均点: 4.27)
Loading...

【R-18】侯爵嫡男好色物語

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:R-18 ファンタジー 奴隷 メイド 令嬢 平民

現代日本でサラリーマンをしていた男は、なぜかファンタジー中世っぽい異世界に転生した。
転生先は国でも有数の大貴族の侯爵家。12歳になったある日、彼は父親であるクオルデンツェ侯爵に呼び出される。

「城下の娘でも我が家のメイドでも構わない。女を知りなさい」

貴族の力で女性を脅し好き放題にできる権限を父から得た彼・ウィルクは下半身の赴くままに生活をすることになった。

1部までの感想。連載中。
あらすじの通り。
主人公はなかなか卑劣な性格で、酷いことしても平然としているのが良い。
心理描写がしっかりしているから、18禁な場面も退屈しない。
権力使ってやりたい放題して、その結果キャラが変わっていく様子が面白い。
18禁な所もだけど、他の所の描写にも力が入っていてそっちの方が好きかな。
主人公がこれから何をするか、キャラがこれからどうなるかとかその辺りが楽しみ。


【R-18】異世界パン屋 -現実は意外と甘くない-

12345 (1 投票, 平均点: 2.00)
Loading...

【R-18】異世界パン屋 -現実は意外と甘くない-

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:異世界転生 近世風悪役令嬢 パン屋 日常

 

異世界へ転生して、何事もなく二十年。順風満帆とはいかないものの、平和極まる人生を歩んできたつもりだった。そして、それはこれからも続くものと思い込んでいた……
しかし二十歳の誕生日。店を継ぐ予定だったそ日に告げられたのは、父が多額の借金を残して蒸発したということだった。
「なんとか店を立て直し、己の生活を確保しなければ! 奴隷生活だけはごめん被る!」
そんな意気込みで頑張る主人公には障害がいっぱい。多額の借金にライバル店からの妨害などなど。厳しい世界を生き抜くため、彼は毎日パンを焼くのだった

16話までの感想。連載中。
あらすじの通り。
普通にパン屋している所は良さそうだった。でも18禁な場面のためか色々強引な所が。
そこに向かうために、そしてその後もキャラや展開の不自然さが気になる。
店の立て直しとか楽しそうなことしてていても、主人公の性格が悪くてどうにも。
悪いなら悪いで良いんだけど、そういうキャラとは違うみたいで。
所々で好みに合いそうでも、微妙に外れていて合わなかった。