一次小説一覧

異世界戦記

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

異世界戦記

サイト:ハーメルン

キーワード:大日本帝国  異世界 ファンタジー 軍事 ご都合主義

世界大戦規模の戦争オンラインゲーム『Another World War』を終えた西條弘樹は眠りについたが、次に目を覚ました時なぜか異世界でオンラインゲームで築き上げて率いていた国をリアルに率いる立場となっていた。しばらくして外界との接触を図ろうと国の外に出たら、国同士の戦争に巻き込まれる事となってしまう。

1章までの感想。
やってたゲームの国の指導者として、ファンタジー世界へ転移の主人公。
この手のは好きなんだけど、こういうのの面白さって文明の衝突とかそんなのだと思う。
魔物だとかに自国の軍だとかにグダグダやってるのは好きじゃない。
軍持って異世界まで行ってるんだから速攻で周辺国を滅ぼすぐらいやって欲しい。
でやっと異世界人に接触ってなって、いきなり戦いだしてテンション下がる。
戦うのは良いけどこういうのは違う。主人公が軽率で前に出過ぎ。
指導者なら後方でどっしり構えるかアタフタしてる方が良い。
主人公の考えが理解できないし自国の設定とか良く分からない。色々好みから外れた。
あらすじは好みで本当に面白そうだけど。


異世界に転移したと思ったら転生者? ??幼女で鍛冶師な異世界転生??

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

異世界に転移したと思ったら転生者? ??幼女で鍛冶師な異世界転生??

サイト:ハーメルン

キーワード:神様転生 TS だんだんチート イージーな異世界

ある日、なんの前触れも無くクラスごと異世界に召喚されてしまった主人公 白沢 蒼矢。しかし、彼は神の目に止まり幼女に姿を変えられ、異世界に転生させられてしまう。文句を言っても仕方ないので、蒼矢もといイオリは「ステータス制の世界ならなんとかなるよね!」と、異世界生活を満喫しようと決意する。見た目に似つかわしくない力を持った幼女が、なんやかんやで世界を平和にしちゃったりするかもしれない話

2章7話までの感想。
転生TS主人公。
前から気になっていて読んでみたら意外と当たり?
読みやすくてどこも不快感を感じない、主人公も良さげ。
テンプレファンタジーな内容なのに飽きそうに無い。
ただ人の描写が薄くてほとんどのキャラが印象に残らない。でもそれが良い。
気になるのはそれぐらいかと思ったけど、1章終盤辺りから躓いた。
単独行動が好きだったけど集団行動でそれが無くなってしまった。
そこからなにか楽しめなくなった。


聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

サイト:小説家になろう

キーワード:神様転生 迷宮 治癒士

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。
運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。
その凡庸な魂に、異世界ガルダルディアの主神は新たな器を与えた。
凡庸な魂の中には、死の運命に抗ってみせた一人のサラリーマンがいた。
この男が、今後どう成長していくのか?運命神もガルダルディアの主神も、そして作者でさえも分からない。

1章までの感想。
テンプレ転生治癒士主人公。
主人公が成人にしては考えが足らず、心理描写も気に入らない。ギャグも面白くない。
お決まりの他者が異常に主人公を持ち上げる展開も嫌悪感。
治癒士という所はかなり惹かれるけど、それを生かせている所が無い。
正直良いと思える所は転生や治癒士とかの要素だけ。
書籍化したっていうことで期待を持ち過ぎた。


必中の投擲士 ?石ころ投げて聖女様助けたった!?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

必中の投擲士 ?石ころ投げて聖女様助けたった!?

サイト:小説家になろう

キーワード:コメディ 主人公最強 スキル ご都合主義


幼い頃から、遊びでずっと投げ続けた石ころ。
それはいつしか技術として極まり、強力なスキルとなった。
少年が投擲すれば百発百中。
届く範囲なら、小さな虫にだって当ててしまう。

そんな彼がある日、趣味の狩猟に没頭していた時のこと。
突如聞こえた悲鳴。
駆けつけると、そこでは暴漢に襲われている一人の女性神官が。
持ち前の投擲スキルを発揮し、彼女を助けたことで物語は動き始める――

11話までの感想。
タイトル通りの主人公。
書き出しから文章が合わず気持ち悪さと戦う。
対象年齢をかなり低めに設定しているのか読んでいて辛い。
主人公を筆頭に登場人物がみんな悪い方にコミカルで冷める。
とはいえステータスやスキルがあるユルユルな話、この馬鹿らしさを楽しめたら勝ち。
負けたけど。勇者とか冒険者とか好きなら面白いんだろう、たぶん。
ランキングに名を刻んでいたようだから人気はある。


現実でレベル上げてどうすんだ

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

現実でレベル上げてどうすんだ

サイト:小説家になろう

キーワード:現代 殺人 レベル ステータス 魔法


 どうもしません。
 衝動的に人を殺した主人公、久坂厳児は謎のレベルアップを遂げる。
 人を殺害する事で経験点を得、レベルアップするようになってしまった厳児。
 その日から彼は特に必要も無いのにちょっと興味が湧いた程度の理由でレベリングに励むようになった。

9話までの感想。
短慮な主人公。
やっぱり考えが足りない主人公は冷める。
登場人物に魅力も特に無く、会話も面白くない。
現実で人殺してレベルが上がるっていうのは良さそうな設定だけど、生かされていない。
それが一番大事なのに主人公があれだから、ストーリーが盛り上がりそうにない。
この手のジャンルは登場人物の大半がまともに考える頭があってこそ楽しいのに。
主人公も敵もモブも短絡的過ぎ。でも話の作り方自体は嫌いじゃない。
カルト相手にしてるのはちょっと良かった。


俺の脳にGPSが埋め込まれてるらしいんだが ~異世界で地図無双~

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

俺の脳にGPSが埋め込まれてるらしいんだが ~異世界で地図無双~

サイト:小説家になろう

キーワード:魔王 勇者 ハーレム 主人公最強 剣と魔法 コメディ


 小さな頃から、かくれんぼだけは誰にも負けたことがなかった村人バルク。
 あるときバルクはちょっと頼りない天使に出会い、衝撃の事実を知る。
 なんと、バルクの頭の中にはGPSとかいう聞き慣れない機能が埋め込まれているらしい。
 そのGPSがあれば、この世界に存在するすべての人間、魔物、アイテムの場所などがすぐに分かってしまうのだ。

 バルクは脳内GPSを使い、さくっと伝説の剣やら魔王やらを見つけてしまう。が、魔王を倒すなんて退屈なことはせず、自分なりの「面白いコト」を求めて世界中を暴れ回る。そしてバルクのGPSはどんどん機能がアップデートされていく。

 究極のGPSを脳に埋め込まれた主人公が駆け上がる、異世界地図無双ストーリー!!

6話までの感想。
GPSが脳に埋め込まれているらしい横柄な主人公。
はっきり言ってGPSがって設定以外なにも良さそうな所が見つからない。
その設定についてもいくらなんでもご都合主義過ぎだろうって所が多くて冷めるばかり。
GPSってそういうのじゃないだろうって指摘もあるだろうけど、それはまぁいい。後で何かあるんだろう。
ヒロインは主人公に好意を持っているみたいだけど、こんな主人公を好きになるような奴は嫌い。
ストーリーも含めて全体的に雑に思える。せめて主人公を人並みに考えるようにして欲しい。


四朗

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

四朗

サイト:小説家になろう

キーワード:歴史 戦国 転生


戦国時代をテーマにした小説です。
どういった内容になるかは手探りです。
追々書き足します。
更新は出来るかどうか分かりません。
資料はネットなどですが史実と大きくくい違うところがあると思います。
宜しくお願い致します。

10話までの感想。
無能感漂う転生主人公。チートらしいチートは無し。
この主人公カッコよくない。何やっても駄目っぽさが気になってストレスが溜まる。
無能でも輝くキャラ入るけどこの主人公は本当に駄目そう。
テンポ重視しているのか知らないけど話を進めているだけで退屈。
今のところ盛り上がる展開も無くただキャラを紹介しているみたい。
こういうのは何十話かまとめて読めばどこか面白い所が見つけられるかもしれない。


有人島物語

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

有人島物語

サイト:小説家になろう

キーワード:サバイバル ベリーイージー


 引き篭もり歴も十年と歴戦の勇士である鷹斗は、ある日、目が覚めるとリゾートアイランドに放置されていた。そばに落ちていたリュックサックにはサバイバル用のキットと、黒い手紙が一通。
 あぁ、これは、アレだ。どうせ殺し合いをさせられるんだろう?
 陳腐な設定だと鷹斗が鼻で笑いながら読んでみた手紙の内容は違った。
 要約するならば「頑張って一年間生き残ってね? 暴力は嫌いです」。
 こうしてデスゲームではないがサバイバルゲームでもない、一年間のサバイバルライフが幕をあける。
 十年間、磨きぬいてきた脂肪は時には味方に、時には敵に、鷹斗のグルコサミン&コンドロイチンを探す冒険の一年が始まったのだった。

完結済み。
引きこもりデブ主人公。
書籍化したことある作家らしく読みやすく頭によく入る。
そこそこ考えられる主人公でストレスを感じることが少ない。
しかし本筋と関係ない主人公の無駄な思考を読まされるのは苦痛。
終章になってからさらにダレる。それとシリアスとコメディがうまくかみ合ってるとは思えない。
サバイバルは面白かった。面白かったけどなんか、いらない所があるし何か足りない。