歴史一覧

江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めようと思う

12345 (1 投票, 平均点: 2.00)
Loading...

江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めようと思う

サイト:小説家になろう

キーワード:日常 シリアス 江戸時代

ただの風俗店員だった俺は過労死して何故か江戸時代の吉原遊郭の大見世の楼主になってしまった。
しかしこの時代の吉原遊郭の生活は結構ひどいものがいろいろあって……なら、俺自身も含めて関係者の生活環境を改善しようじゃないか。
そんな感じの話です。
平和になった江戸時代なので天下取りとかの戦いはありません。

26話までの感想。連載中。
転生主人公。
あらすじの通り現代知識を使ってあれやこれやする話。
その時代のことや知識の解説が大半で、キャラやストーリーはほとんど力が入ってない。
でも地味な面白さがあってつまらないってことも無く、もっと物語性があればと。
一話ごとに知識使って何かするって感じで、盛り上がるようなことはあまり。
ストーリーなんかも重視して欲しいけど、そういうの目的にしてない話かな。


住んでる家ごと縄文時代の日本に転移したんだが案外住みやすい件

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

住んでる家ごと縄文時代の日本に転移したんだが案外住みやすい件

サイト:小説家になろう

キーワード:シリアス 日常 ほのぼの 縄文時代

ブラック企業の平凡な平社員である俺はキャンプ場に行こうと準備を整えたある日何故か住んでいるアパートごと10000年ほど前の縄文時代の日本に転移してしまった。
電気もガスも水道もない時代の生活はとっても大変……と思いきや以外に縄文時代の生活は結構進んでて楽なんじゃないか?
そんな感じのゆるいお話?

9話までの感想。連載中。
あらすじの通り。
そこでの様子とか生活とかそんなのが大半で、割とあっさりとした内容。
主人公が簡単に受け入れられたり、主人公が何も問題なく適応したり。
人間関係の描写があっても表面的なものだけで物足りない。
縄文時代を楽しむ緩い話だから、面倒なとこは無しなんだろうけど。
ランキングで見つけて面白そうだったから読んだけど、期待した感じとは違ったかな。


【連載版】確かに努力しないでちやほやされたいって願ったけども!

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

【連載版】確かに努力しないでちやほやされたいって願ったけども!

サイト:小説家になろう

キーワード:逆行転生 内政 知識チート 原始時代 氷河期 架空種族

「何も原始人に転生させなくたっていいだろう!? そりゃあ何をしても史上初になるだろうけども!!」
神様の手で、現代から七万五千年ほど前の原始時代に転生させられた主人公。
服すらまだないこの時代で、彼はそれでも死にたくないとあがき続ける。
神様の目的もわからず、ろくなチートも持たないまま原始時代に放り出された彼の明日はどっちだ!

9話までの感想。連載中。
神様転生主人公。
ちょっと面白そうに思えるけど、ふんわりとした設定だったりコミカルっぽかったり。
この手の書くのが大変だからか、省いたりするのも仕方ないけどその辺が少し。
書いたらすぐ投下ってスタイルらしいから、それが関係するかもしれない。
舞台は面白そうだったけど、他に興味を惹く所は見つけられなかった。
一人称で主人公が好みに合わなかったのが大きいかな。
ランキングに載っていた作品だから、人気はあると思う。面白いんだろう。


提督たちの憂鬱

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

提督たちの憂鬱

サイト:蒼の混沌

キーワード:憑依 歴史 架空戦記

オリジナルキャラである会社員・神崎博之が某提督に憑依する話です。お仲間も増えていく予定です。

完結済み。
憑依した日本人たちが歴史を変える話。
戦争するからある程度酷いことをするのは当然だけど、とんでもないことをやってる。
だからそれの被害が大き過ぎて、その辺はちょっと楽しくない。笑えない。
そこを除けば文章も良いしストーリーも好みにピッタリ。こんなの大好き。
モブのちょっとした反応とか、読みたい所がしっかり書いてあって本当に良い。
やっぱり強大な敵を相手に現代知識でチートって話は面白い。


【R-18】戦国フィクション

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

【R-18】戦国フィクション

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:コメディ R-18 戦国 タイムトラベル ハーレム

タイムスリップ戦国ものです。エロ描写微妙。【Caution】時代考証微妙ですのでご注意を。

15話までの感想。完結済み。
タイムスリップ主人公。
面白そうな要素は多い。タイムスリップだったり悪逆非道なことをしたりとか。
でも普通に酷いことしていて笑いにもなって無いから引くこともある。
そんな酷いことするヒロインは、ギャップのせいか魅力的にも見える。
文章は地の文が少なくて会話ばかりの所が少し気になった。
多少は惹かれる所もあるけど、主人公が積極的に動かないのがどうも好みに合わなかった。


いくらフィクションでも、都合良すぎる立志伝

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

いくらフィクションでも、都合良すぎる立志伝

サイト:小説家になろう

キーワード:シリアス 逆行転生 戦国 群像劇 知識チート 内政


ありきたりな歴史転生もの。一応知識チートとなる脳内タブレット(笑)があるが……転生先が九州の弱小領主。隣の有馬氏という小領主すら、三城の城持ちである強大な敵。ましてや九州三国志と彩った大友・龍造寺・島津なんて雲の上の敵。毛利・三好・北条・上杉など別世界の神も同然という状態から、どのように逆転していくか。

7話までの感想。連載中。
あらすじの通り。
知識チートで内政していくみたい。始まったばかりでまだ結果が出てないけど。
転生者は今の所主人公と、その他には二人の味方だけ。
シリアスにやってるだけにキャラは薄い。でもギャグはやって無いからそこは好き。
文章は少しギュッとした感じで読み辛く分かり辛かった。
結構好きなタイプの小説だけど、このジャンルは似たものが少なくない。
これからどう進むにしても、それらとは違うものを期待したい。


イエス伝・底辺からの救世主! -底辺で童貞の俺に神様が奇跡の力をくれたんだが―

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

イエス伝・底辺からの救世主! -底辺で童貞の俺に神様が奇跡の力をくれたんだが―

 

サイト:アルファポリス

キーワード:時代小説 イエス・キリスト チート 主人公最強 恋愛 哲学 宗教

極貧の限界集落。ナザレ村。
そこの底辺労働者が神に選ばれた。ナザレのイエスと呼ばれる男。大工(テクトーン)だ。
それはローマでは最底辺の労働者を意味している言葉。
しかも、30歳。童貞だった。

彼は、神に奇蹟の力をもらい、人類を救済せよと命令された。
仕方ないので、彼は動き出す。
人類救済に向けて。
それは、神の計画「人類救済計画」の始まりだったのか?

紀元30年のパレスチナより物語は始まるのであった。
信仰の対象のイエスではなく歴史的な側面からのイエス伝。

ムアコックの「この人を見よ」よりは罰当たりでないようにします。

9話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
キャラは異様なほど濃い。主人公も他のキャラも濃過ぎって程に。
キーワードに恋愛があるけど、ヒロインとかは期待できそうに無い。
作品全体から漂う男臭くて駄目そうな雰囲気から、確実に何かあるだろう。
面白い所はある。あるけど、面白いと感じたら負けのような気分を味わった。
下ネタに絶妙過ぎるネタと盛りだくさんで、何だかおかしな気持ちになった。
正直な所キャラもストーリーもそれほど魅力を感じなかったけど、雰囲気とギャグだけはかなりのものだった。
主人公が主人公なだけに色々ツッコミ所のある作品。でもそういうの気にせずに楽しめばいいと思う。

11月14日追記

コメント貰ったからせっかくなので二回目の感想。
20話まで読んだけど全く勢いが衰えない。微妙なネタで笑ってしまって悔しい。
そしてとうとう出てきたヒロイン。やっぱり真っ当なヒロインじゃなく癖のあるキャラ。
でも主人公の異常性に慣れてきたから、今の所むしろ薄いくらいかも。
ヒロインの登場で主人公の変化が楽しみだけど、やることやって勢いが無くならないか心配。
主人公の気違いじみた所が好きだから、そこは変わらずまたは更におかしくなって欲しい。


銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。

サイト:小説家になろう

キーワード:コメディ 戦国時代 火力偏重 金持ち インチキ

 人類が宇宙に進出してから数千年、零細運輸会社足利運輸の社長足利光輝は、元軍人で姉さん女房の今日子と弟の清輝、可愛げのないアンドロイド、キヨマロと共に、購入した宇宙船カナガワのローンを返済すべく奮闘していた。
 ところが、突然仕事中にカナガワごと異次元宙流に巻き込まれてしまう。
 飛ばされた先は過去の日本であったが、それは光輝達の知る歴史とは微妙に違っていた。
 誰よりも自分達が可愛い三人は、歴史が変わってしまう事も恐れずにこの世界で自由に生きていこうと決意するのであった。

完結済み。書籍化した。
未来人三人が宇宙船込みで戦国時代にタイムスリップする話。
大体未来の道具や技術だったり金だったりで解決。そんな訳で緩い雰囲気でスラスラ読める。
外伝での食べ物の話なんかもあって、一層全てが緩いイメージに。緩過ぎな話に冷めることもある。
未来人の女がなんでも出来て、持ち上げられ過ぎてそれがちょっと嫌な感じ。
それと結構量あるから途中だらける様な所もあったり、もっとチートじみたことをして欲しいってのもある。
でもそこそこ面白くて楽に読めるし、ストレスもそれほど溜まる所も無い。
だらだら読むには丁度良い作品だと思う。書籍化するのも分かる。