Fate一覧

衛宮士郎は死にたくない。

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

衛宮士郎は死にたくない。

原作:Fate

サイト:ハーメルン

キーワード:衛宮士郎 性格改変 勘違い キャラ設定改変 聖杯戦争ガチ勢

ちょっとした違いから生まれた有能な衛宮士郎。
けれども、聖杯戦争ガチ勢な彼は微妙な勘違いを繰り返していて?

※この作品では色々なキャラの設定が変わっています。つまり、カオス。

6話までの感想。連載中。
性格改変な衛宮士郎主人公。
オリキャラ化した主人公でどうにもこのタイプの主人公は合わない。
文章は日常はまだいいけど、シリアスな場面もどこか軽くて描写も薄い。
それにご都合主義が気になって気になってどうにも。
評価や感想見る限り面白そうだったけど、ちょっと好みに合わなかった。


冬木の街の人形師

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

冬木の街の人形師

原作:Fate/stay night

サイト:ハーメルン

キーワード:アリス・マーガトロイド 遠坂凛 ホームステイ 東方Project 日常

アリス・マーガトロイドは魔術師である。
人形の自立化を目指し、日々研鑽の日々を重ねていた。そんな日々の中で、彼女は転機を得る。日本の冬木と呼ばれる土地で、特殊な降霊術の儀式が行われているとの情報を得たのだ。アリスは自らの研究の為に、単身冬木に渡る。遠坂凛は警戒していた。
ルーマニアから態々留学に来るもの好きは、冬木に伝わる聖杯の仕組みが目的だそうだ。だがそれだけでは済まないだろう。魔術師なら必ずこの奇跡を生み出す万能器に、幻想を抱く。そう思いつつも、アリスに大量の宝石をチラつかされて、アッサリと屈してしまった凛。策士め、と罵りつつ監視するために自らの屋敷にアリスを招き入れた。

2人の研鑽、そして青春の1ページが遠坂邸にて今、繰り広げられようとしていた。

9話までの感想。連載中。
あらすじ通り。
悪い感じはしないけど、どのキャラにも違和感。
このキャラってこんなのだっけってレベルで変わってて、別人とまではいかなくともかなり。
内容は日常が大半、時々シリアス。だからあまり盛り上がるような所は期待できなかった。
聖杯戦争もやってなくて派手とは言えない展開が続いていく。
日常物も嫌いってことは無いけど、なんだか好みに合わなかった。


Fate-Savior Apocrypha

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

Fate-Savior Apocrypha

原作:Fate/Apocrypha

サイト:ハーメルン

キーワード:シリアス Fate/EXTRA

争いを肯定し、世界の平和を願った男。

永遠の停滞を良しとし、世界の平和を願った男。

果ては似通っても願いは対する救済者たちは出会う。
これは、想定外(EXTRA)外典(Apocrypha)

6話までの感想。連載中。
トワイス・H・ピースマン主人公。
変なギャグやってないで真面目な文章に好感。
愉快な性格のサーヴァントにクールな主人公の組み合わせも良い。
まだ全然始まって無いけど、キャラが面白いからそれだけで結構満足気味。
更新次いつ来るか分からない感じけど、こんなの好きだから期待。


聖夜の聖杯戦争(大嘘)

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

聖夜の聖杯戦争(大嘘)

原作:Fate

サイト:ハーメルン

キーワード:神様転生 サンタオルタ(パチモノ) ネタ Fate/Zero

バーサーカー風味のセイバーなサンタオルタさんが、ケリィをひたすら扱き下ろして割と自由に生きる話。

※公式設定では第四次聖杯戦争は11月に開催されているそうです。

4話までの感想。完結済み。
大体あらすじ通り。
何だか分からないけど主人公を好きになれなかった。設定自体?
視点が主人公で固定されて、上手く行き過ぎてるからだれてくる。
半端にシリアスで基本ギャグ、それが噛み合ってるように思えず冷めてしまった。
4次で変わり種サーヴァント主人公とか面白そうに思えたけど好みから外れた。
平均文字数が割とあって完結してる。感想見る限り良さそう。


憑依者『衛宮切嗣』

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

憑依者『衛宮切嗣』

原作:Fate

サイト:ハーメルン

キーワード:憑依転生 シャーレイ ニトクリス 独自設定アリ 原作は無視します 魔改造

衛宮切嗣に生まれ変わってしまった人が、第四次聖杯戦争で頑張る話。

―――この切嗣は、マイルドな成分で出来ていた

8話までの感想。連載中。
衛宮切嗣憑依転生主人公。
聖杯戦争前ってこともあるけど、今の所Fateっぽい雰囲気があまり感じられない。
キャラとか用語は出てくるし、サーヴァントまで出ても独自色が強くてオリジナルのよう。
つまらない訳じゃないけど、想像していたのと違い過ぎた。
本番の聖杯戦争が始まったら作品の印象もグッと変わるんだろう。


湖の求道者

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

湖の求道者

原作:Fate

サイト:ハーメルン

キーワード:勘違い? 転生憑依 チート ハーレム 独自解釈or捏造設定 地雷

「――――――目指せ聖典(バイブル)の戦士達」
まだ世界に神秘が溢れていた時代に、人類最高峰の才を生まれ持った馬鹿がそんな目標を立てた。
ファンタジーな育ての親。
生まれ続ける勘違い。
アーサー王率いる円卓の騎士たちチート集団を苦しめたBANZOKUの正体とは。
そして元凶不在で崩壊するブリテン。
これは、ランスロットとして生まれた転生者という名のナニカがヤムチャした結果誕生した、痴情の縺れ(本人不在)でブリテンを崩壊させた張本人(無自覚)である湖の騎士という名のナニカの物語である。

Fate/Zero編1話までの感想。連載中。
ランスロット転生憑依主人公。
内面軽い感じの主人公が良い具合に勘違いされて、みたいな話。
そんなんでチートだからあまり頭使わないタイプの話だろうけど、どうにも合わなかった。
こういう設定は好きだけど、何か軽過ぎて受け入れられない。視点変更での差もちょっと。
そんな訳で頭に内容が入ってこないで、なんだか面白さがさっぱり分からなかった。
ただハーメルンだとfateSSで一番読まれている。感想数も一番多い。人気はあるみたい。


書かずに脳内に溜まったネタの墓場というかごった煮というか

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

書かずに脳内に溜まったネタの墓場というかごった煮というか

原作:Fate

サイト:ハーメルン

キーワード:コメディ 転生


 気が付いたら赤子の中に。
 やる気なく過ごす第二の生、僅かにできた友人と普通にダラダラ過ごしていくのだと思っていた。
 もっと早くにここが何処だか気が付いていれば・・・。
 いや、そうしたら俺はこいつ等とダチになることすらなかった筈だ。
 それは何か嫌だ。
 俺はこいつ等と一緒が良い。
 だから願う。

 明日を。
 ダチと馬鹿やる明日が欲しい。

プロローグ6話までの感想。連載中。
転生主人公。
暑苦しい主人公でご都合主義も過ぎるけど、何だろうこの感じは。
主人公、はっきり言って嫌いなタイプ。なのにどうしてか読めた。
が、やっぱり途中からノリについていけなくなった。
場面がピョンピョン飛んで、地の文も無くなったりもする。テンポ良いけどグチャグチャ。
でもありきたりな原作沿いじゃなくて、大きく変わっていってる所は良かった。
意外とストーリーが進んでいるけどまだプロローグ。結局どういう話なのか分からない。


外道に憑依した凡人

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

外道に憑依した凡人

原作:Fate/Zero

サイト:ハーメルン

キーワード:シリアス 憑依 邪ンヌ 設定多少変更 原作改変

Fateにおける外道代表こと言峰綺礼。

それに憑依した一般人が生き延びるために暗躍する。

ドジる、ミスる、慢心するのどうしようもない三拍子という一般人にありがちな欠点を抱えながら。

7話までの感想。連載中。
言峰綺礼憑依主人公。
軽い調子の場面少なめで鯖が黒ジャンヌってこともあって面白そうな雰囲気。
文章もそれほど気になる所もなくて、スラスラ読めた。
ただ面白そうな感じはしてもここはって場面はまだ。
キャスターがもっと絡んでくるかと思ったらあっさり消えてしょんぼり。
他にも面白そうな要素や場面が多いけど、どうにも思ったようなものは。
もちろん面白くないわけじゃないし、面白そうな感じはずっとしてる。
まだ7話だしこれからかな。