「 ゲート 」一覧

GATE クリティカルロマン砲に何故か転生した件

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

GATE クリティカルロマン砲に何故か転生した件

原作:ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

サイト:ハーメルン

キーワード:神様転生 Fate/Grand Order 独自設定 原作崩壊

神様に呼び出されたテンプレ主人公は、生き返りたくないのに元の世界で金持ちになって働かないで生きていく事を仕方なく決めた。
な・の・に!!
なんでボクは金髪で百発百中ズキューンバキューン!?!??!?!?
おかしいよね!?神様明らかにケンカ売ってるよね!?
そんなテンションの主人公が行く見切り発車系作品。

13話までの感想。連載中。
サーヴァントとしてビリー・ザ・キッドになった主人公。
転生って書いてあるけど成り代わりかな、何故か振る舞いがビリーのものになることも。
だから勘違いものっぽくもあるけど、そういうのは好きじゃないから困った。
その辺りのご都合主義の他にも気になる所がいくつかあって、あまり好みには。
でも読みやすくはあるし嫌いになるほどでもなく。GATEっぽさがもっと欲しいかな。


亡霊、彼の地にて斯く祟れり

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

亡霊、彼の地にて斯く祟れり

原作:ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり

サイト:ハーメルン

キーワード:コメディ 掲示板形式回あり 人外主人公


死後の解釈にはいろいろなものがある。
守護霊になるという解釈。
自然の巡りにより、輪廻転生の輪に還るという解釈。
天国や地獄などの死後の世界へいくという解釈。
そもそもそんなものは存在せず消滅のみという解釈。
ならば、ある世界の人が別の世界で死んだらどうなるのだろうか。
その世界の死後の世界に行くことができるのだろうか。
これはそういうお話。

10話までの感想。連載中。
転移幽霊主人公。
主人公は終始軽過ぎる感じで、どうにもそのノリに付いて行けない。
別の視点になると途端にシリアスになるけど、主人公が主人公だけに冷めていくだけ。
チートな主人公は好きだけど、こういう主人公は好きじゃない。
ゲートの二次だと人気あるみたいだから読んでみたけど、どうにも合わなかった。


バルタン星人の奇妙な野望

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

バルタン星人の奇妙な野望

原作:ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり

サイト:ハーメルン

キーワード:シリアス バルタン星人 ウルトラシリーズ クロス


フォッフォッフォッフォ(V)o¥o(V)←こいつが主人公

ジュアッ(o|o)←脇役

7話までの感想。連載中。
地球で隠れて暮らすバルタン星人主人公。
奇妙なクロスSSではっきり言って全然期待していなかったけど、読んでみるとかなり面白い。
バルタン星人のことを地球人は創作物のものとして知っている。
そしてそれが現実に存在していて、どうやっても相手にできない様子に笑う。
自衛隊は竜相手に頑張ったけど、バルタン星人を前にしたら流石に絶望しかない。
今の所全体の大きな流れとしては原作通り。ただ主人公の存在が存在なので大きく原作から外れそう。
文章は詰まる所無くスラスラ読めて良かった。凄く面白い、更新が楽しみ。


GATE;「扉ガバガバじゃねえか!」と叫ぶ転生者

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

GATE;「扉ガバガバじゃねえか!」と叫ぶ転生者

原作:ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

サイト:ハーメルン

キーワード:コメディ 神様転生 Fate/staynight Fate/EXTRA セイバー やりたい放題 TS

時は現代20XX年、世界は普通に割と平和だった。しかし突如銀座に現れたガバガバゲート!転生してる主人公!ハーレム!チート!最強!蹂躙!これはどっからどうみてもオリ主もの最低系二次創作ですね…間違いない(名推理)

10話までの感想。連載中。
神様転生チート主人公。
最初の方は気になるところ多くて、躓きそうになったけど読み進めると面白いような?
全体的に温めのギャグみたいな感じだけど、頭使わないで済むし良い。
ただキャラの理解不能な思考と強引な展開が無ければいいけど。
描写不足のようにも思えるけど、その分テンポよく進む。まあギャグだからこれくらいで丁度良いのか。
GATEの世界でチート主人公が好き勝手やるだけみたいな内容だけどそこそこ楽しめた。
炎龍あっさりやったことでそれ関係のイベントが変更されて、原作から大きく逸れそうでこれからに期待。


Japanese in THE ゾルザル

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

Japanese in THE ゾルザル

原作:ゲート 自衛隊 彼の地にて斯く戦えり

サイト:ハーメルン

キーワード:憑依 チート 内政 勘違い 独自設定

ゾルザルに日本人が入っていたらと言う話です。

9話までの感想。連載中。
ゾルザル憑依主人公。
良さそうな設定だけど、どっかで見たような現代知識チートが気になる。
火薬に石鹸、算盤にリバーシって定番過ぎてこの辺りは見飽きた感じ。
主人公も本来のゾルザルと変わらない程度に性格が悪そうで好きになれない。
読んでいて気分が良くなる場面があればいいけどそれも見当たらなかった。
細かな所も目について楽しめなかった。好みじゃない。


GATE×オリ主&オリ国家

12345 (1 投票, 平均点: 1.00)
Loading...

GATE×オリ主&オリ国家

 

原作:ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり

サイト:ハーメルン

キーワード:神様転生 装甲悪鬼村正 劒冑 独自解釈・設定あり

人がまだ存在しなかった遥か昔の特地に、ある日本人の男がやって来た。
彼は己が生きた証を残すため街を造り、劔冑となった。
後に人が増え、遺した街は国となり、劔冑は崇められて神となった。

そして時は流れて。
ゲートにより、日本と特地が繋がった。

17話までの感想。連載中。
タイトル通り。
ネタと書いてあるだけに粗い作りだけど、神で転生者の国ってことで期待はできそうな気がした。
でも読み進めれば読み進めるだけ思っていた話から逸れて行く。
原作に遠慮しているのか波風を立てないような展開でがっくり。
日本との関係も結局は問題にならないようなものばかりだし、いまいち盛り上がらない。
主人公とオリ国家がいろんな所に関わって、そういうのを楽しむのが正解なんだろうけど楽しめない。
やっぱりもっと頭が悪くなるような、無茶苦茶やる話の方が好きだ。


ゲート 自衛隊 彼の地にて斯く戦えり ~帝国の逆襲~

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

ゲート 自衛隊 彼の地にて斯く戦えり ~帝国の逆襲~

原作:ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり

サイト:ハーメルン

キーワード:シリアス 戦記 帝国がやや強化

20××年8月、東京・銀座に突然開いた『門』(ゲート)からモンスターや中世ヨーロッパの騎士のような姿をした異世界の軍勢が出現し、多数の民間人を殺傷した。

これを受けて日本政府は、その向こう側に存在する異世界「特別地域」(「特地」)の実態調査と事件の再発防止のために自衛隊を派遣する……。

 その先に待ち構えるは、ファンタジー世界を統べる超大国『帝国』……テクノロジーとファンタジーが激突する時、戦いが始まる!

 戦車、装甲車、ヘリコプターなどの最新兵器を携えた自衛隊に、“門”は何をさせるつもりなのか――。

完結済み。
帝国中心の空想科学読本の軍事版みたいな話。
現実的な日本側の問題とかが詳しく書いてあって納得と感心。
帝国側には知能と主人公補正を追加して、ああこうなるのかって感じ。
でもほぼ一方的な帝国の動きで自衛隊が消耗し続けていくばかりの展開でストレス。
原作でどうしてこういうことを書かなかったのよく分かる。物語としては面白くない。
魅力の無い悪役が活躍する話はどうにも読後感が悪い。
俺TUEEEみたいのが好きな人には受けが悪いことは確か。