二次小説一覧

聖杯戦争から脱出せよ  BBちゃんのFate/Zero

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

聖杯戦争から脱出せよ

原作:Fate

サイト:Arcadia

キーワード:転生 憑依 一般人



エター?
士郎憑依主人公。
主人公が原作ルートを早々に避けて、魔術も習得せずに冬木から逃げたのは良かった。
聖杯戦争から逃げ出したことで逆に主人公が物語の中心になりそうなのも期待できる。
でも舞台が整ってこれからって所でエター。

BBちゃんのFate/Zero

原作:Fate

サイト:ハーメルン

キーワード:女主人公 転生 二重人格

蟲爺こと間桐臓硯のもとに送られた幼い桜。
通常であれば原作のように口に出すのもおぞましい様な悲惨な目にあう、はずだった。
そう、彼女の中もう一人の桜がいなかったらの話だが。
これはBBとしての力を持った転生者が、その(弱体化してるものの)チートな能力と原作知識を活用して桜を立派な人間として育てるように尽力するお話。

桜憑依チート主人公。
このタイプのSSで主人公がヘタレじゃないって所は高評価。
でも善人っていうかテンプレ主人公みたいなことをやりそうなのは低評価。
滅茶苦茶になりそうな要素が集まってきて期待。


転生者の憂鬱

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

転生者の憂鬱

原作:ドラえもん

サイト:Arcadia

キーワード:コメディ 転生

エター?
小利口なのび太転生主人公。
本当に突っ込むべき所を突っ込まなかったり、リアクションや口調のせいで良いはずの賢さが霞む。
主人公は転生者で精神年齢が高く、常識的なせいかあまり面白みがない。
登場人物はみんなそれらしいけど、出来杉がやっぱり目に付く。本当に出来過ぎ。
ストーリーはドラえもんが原作だけあって面白い。
けどそれはドラえもんの良さ。原作の面白さは良く引き出せているけど他にも何か欲しい。


勇者育成計画

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

勇者育成計画

原作:SW

サイト:Arcadia

キーワード:TS トリップ



エター?
TSトリップエルフ主人公。
主人公は男気があって経営者としてもそれなり。しっかり考えることができるのが良し。
また冒険者パーティの一人としてしっかり足場を固めてキャラが立っている。
原作知識を所有しているためそれを利用して活躍ができそうで期待。
ただ視点がコロコロ変わるのと、始まってすぐにエターになったのが問題。


ロードス島電鉄

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

ロードス島電鉄

原作:ロードス島伝説

サイト:Arcadia

キーワード:コメディ TS トリップ

完結済み。
TSトリップエルフ主人公。
主人公が無能感漂う小物でそれほど頑張らないのが良い。
それでいて程よく力があるのも好むところ。
TS物として中々、期待に応える展開がある。
ただコメディに寄りすぎて不自然な動きで無理矢理話を進めることがたまに不満。
最終話も一応用意されていて完結している。


Be…Solitary One 「愛(あい)」

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

Be…Solitary One 「愛(あい)」

原作:魔法少女リリカルなのは

サイト:Arcadia

キーワード:シリアス TS 転生

エター?
TS転生狂人主人公。
登場人物の大半が鬱陶しい。何を考えているのかって程。
それがあるからストーリーも何でそうなるみたいな展開で鬱々。
主人公にそれを覆すような魅力があればいいけど、主人公が一番って程めんどくさい。
でもそれがいい。マイナスな物が多い中、主人公の狂気から爽やかさを感じる。
世界観も謎が多くて期待が持てる。でもエター。


ジョルノ+ポルナレフ

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

ジョルノ+ポルナレフ

原作:ゼロの使い魔 ジョジョの奇妙な冒険

サイト:ゼロの奇妙な使い魔 まとめ

キーワード:コメディ



エター?
テファに召喚されたジョルノとポルナレフ主人公。
ハルケギニアで0からギャングをはじめて立場を固める様子は見ていて面白い。
キャラもそこそこ魅力的で不自然でないように見える。
ただテコ入れで追加しただろうキャラが出てからどうも良くない。
ギャグも詰まらないし一章ほどの面白さは無い。
ストーリー、ジョルノのチートは良かった。ジョルノがどこまでやるのか見たかった。


鍍金の英雄王が逝く

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

鍍金の英雄王が逝く

原作:Fate

サイト:ハーメルン

キーワード:神様転生 ギルガメッシュ憑依


チート転生でテンプレ的に【王の財宝】を求めた結果が『Fate/Zero』の英雄王ギルガメッシュへの憑依転生だった。でもそんなの関係ねぇ。ギルえもんの秘密道具(【王の財宝】の所蔵物)で好き勝手に生きていこうとする、そんなありがちな憑依オリ主最強モノ。

9話までの感想。
ギルガメッシュ憑依主人公。
地雷っぽい設定でコメディ寄りなのに丁寧に書いてるのが良い。
ギルだけあって宝具でチートしまくりなのがたまらない。
全体を通してゆるゆるでご都合主義だけど、これは許容範囲内。
そういうのが気にならないように描写しているからか。
最終話が来るのか心配があるけど、気長に待つ。


とある『海』の旅路

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

とある『海』の旅路

原作:Fate

サイト:Arcadia

キーワード:多重クロス リリカルなのは他多数


Fate編
冬木市に突如現れた全能なる神、その神の生贄に選ばれた小さき命の叫びが夜の闇に響く時、正義の味方を目指す少年、衛宮士郎は現れ神の手より小さき命を救う―――そして、衛宮士郎が選んだ選択とは?

1、Fateとのクロスでホロウ設定無視、原作崩壊。
2、『突き穿つ死翔の槍』の解釈がアストロ流星投法ではなく、衝撃波と共に圧縮された死の呪いが開放され、周囲の相手を殺害する大軍宝具としています。
3、最強のサーヴァントであるギルガメッシュが瞬殺されてますが、相手が悪かったと思って下さい。
4、内容に本編のコピペが多数あります。
5、本文中に衛宮士郎が不死身になっています。

ウィザーズクライマー編
1、ウィザーズクライマー編では主人公側が人間社会側の為、やや竜アンチになっていると思います。

アヴァター編
1、アヴァター編は、DUEL
SAVIORの世界なのですが、型月世界から当間兄妹が召喚された場合は抑止力ENDになってしまう為出てきません。
2、同じくナナシにしても別のキャラが出て来る為に出番はありません。
3、学園等の設定も色々してしまった為、もはや並行世界のアヴァターだと思っていただければ…とかしか言えない状況になっています。
4、女性の下着は、アヴァターに住む男性に対しアクションゲームの『天誅』でいう『だんご』に相当するためブラックパピヨンは必殺したい放題です。
5、また、白の精に呼ばれた無道とシェザルが召還器を手にしていない事から、召還器は有れば有利となるが、救世主になる為には絶対必要という訳ではないモノとなっています。
6、破滅の将であるムドウとロベリアの二人は原作に無いオリ技を使っています。

リリカル編
1、リリカル編では型月世界とリリカルなのは無印とStsの世界を行き来する感じとなっています。
2、通常アーチャーは霊体化していますので空気になっています。
3、セイバーがミッドチルダ式魔法を使いますので洒落にならないチートになっています。
4、Sts世界ではFateと無印の混成チームは慎重に動きすぎてなかなか機動六課と合流しません。
5、ロストロギアをレリックと誤る憶測はあっても、本編にてそういった事実がないガジェットですが高密度魔力の魔力反応には反応するようになっています。
6、正義の味方についてあれこれ悩んでいた衛宮士郎ですが、吹っ切ったというか開き直ったようなかんじになっています。
7、無限書庫の設定が独自設定になっています。
8、機動六課のスバルですが、無重力環境では身動きに難があるので弱くなっています。

リリカル編30話までの感想。
まともに考えない無知全能な主人公。
加減を知らないチートこそ多重クロスの醍醐味。
でも主人公の無邪気さゆえの暴走は好ましいけど知性の低さはちょっと。
登場人物は好みのリアクションをして楽しませてくれる。
ストーリーはだれるところがいくつかあったけど、それほど不満は無い。
あえて言うなら主人公にはもっと取り返しのつかないことをやってほしい。