web漫画  妄想テレパシー  金魚王国の崩壊

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

妄想テレパシー

サイト:Lazy Nobel…

キーワード:ラブコメ 日常 女主人公



心の声が視える女子高生主人公。
心の声がって設定自体は良くあるけど面白かった。
女の子が可愛い。男はいらない。百合は好きな方じゃないけど、これなら見たいかも。

金魚王国の崩壊

サイト:模造クリスタル

キーワード:シリアス 哲学 女主人公



考え過ぎな少女主人公。
重い。絵もストーリーもただただ重い。それでいて面白く先が気になる。
エビの子の話は暗くなくて、これも面白い。やっぱり絵が良い。


ひぐらしのなく頃に 骨

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

ひぐらしのなく頃に 骨

原作:ひぐらしのなく頃に

サイト:ハーメルン

キーワード:オーバーロード クロスオーバー アンチ・ヘイト ほのぼの(予定) モモンガ単独転移

昭和58年6月
古手梨花は殺害され、その世界での人生を終える。
しかし彼女は運命のループの中にあり、オヤシロ様という神である羽入と呼ばれる少女とともに新しい雛見沢に流れ着くのであった。

そして彼女は新しい雛見沢に目覚める。そこはいつもと同じで、だがしかし一つだけ変わっているところがあった。
アインズ・ウール・ゴウンと名乗る人の骨でできた、あるいは人に似た何かの骨でできた身体を持った存在が存在していたことだった。
漆黒のローブを纏ったまさしく死神を体現したような彼を彼女は酷く警戒したが彼がこの運命のループの外部的存在、すなわち異世界の存在だと気付き彼女は運命のループから脱却するため彼を頼るのだった。

一方、2138年
時が流れ人々から捨てられたゲーム、ユグドラシル
そのゲームのプレイヤーの一人であるモモンガはユグドラシルの最終日、玉座の間でサーバーダウンまで昔の思い出に耽るのだった。

そしてモモンガは目覚めた。
そこは自然豊かな、2138年巨大複合企業によって支配された汚染された世界とは全く異なる、まさしく本の中のような昔の情緒あふれる日本の姿があったのだ。
モモンガはその世界がユグドラシルの魔法が適用され、そして羽入と呼ばれる人ならざるものの存在からそこは彼の生きていた世界の過去ではない、異なる世界だと認識した。
もしかしたら他のギルドメンバーあるいは同じユグドラシルプレイヤーに同じ現象が起きこの世界に来ているかと思い、彼はアインズ・ウール・ゴウンだと名乗る。
彼は元の世界に戻るか葛藤しながらもこの自然豊かな世界で生活することを決意するのだった。

オーバーロードとひぐらしのなく頃にのクロスssです。
ナザリック地下大墳墓は転移せず、アインズ単独です。

7話までの感想。
雛見沢にアインズがやってきた話。
クロスSSとしてはかなり変わり種のようでそれだけで読んでみたくなった。
しかし変わったSSではよくあるように、無駄な改行が多いし一話ごとの文章量も少ない。
最新話まで読んでも、まだまだどんな話なのか感じが掴めそうにない。
とは言え珍しい組み合わせのクロスSS。それだけで期待できないことも無い。
文章は読んでいて途中投げ出してくなるようなレベルのものでもないし、このままいってほしい。
数話程度じゃ満足しそうにないから完結した時にまとめて読みたい。


できない夫はブーツを履き直すようです  できない夫は法と秩序に従うようです

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

できない夫はブーツを履き直すようです

原作:女神転生シリーズ
キーワード:シリアス


完結済み。
特殊機動部隊員できない夫中心の群像劇。
組織の人間としてただの仕事として事件を処理していくから最初は地味な印象。
でも集団での戦闘と細かで丁寧な戦闘描写は退屈させない。
と言っても大事件が起きてからが本番。こっちの方が好き。
できない夫は法と秩序に従うようですに続く。

やる夫まとめサイトへ
嗚呼! やる夫道

やる夫が人生でいいじゃない

俺とやる夫の理想郷

やる夫エッセンシャル

できない夫は法と秩序に従うようです

原作:女神転生シリーズ
キーワード:シリアス ディストピア


完結済み。
できない夫はブーツを履き直すようですの続編。
続編らしい続編で雰囲気は前作と同じ。最初の方も同じく地味。それでも十分面白いけど物足りなくもある。
14話からストーリーが大きく動いく。やっぱりこれぐらい絶望的だと面白い。
そしてそこからの反撃が楽しい。できない夫の後を考えない暴れっぷりが清々しく気持ちいい。
それまでの積み重ねが生きて面白くなった。そしてできない夫の最後が切ない。
納得できる終わり方だけど未来が暗そう。何処か燻ぶるものの楽しめた。でももっと明るい終わり方が好み。

やる夫まとめサイトへ
嗚呼! やる夫道

やる夫が人生でいいじゃない

俺とやる夫の理想郷

やる夫エッセンシャル


ぼっちの日本迷宮生活

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

ぼっちの日本迷宮生活

サイト:小説家になろう

キーワード:近未来 天災 日本 ダンジョン ステータス


天変地異によりダンジョンが出現。家が倒壊して強制的脱ひっきーを果たした佐々木和真は、ぼっちという最悪のスキルを目覚めさせパーティが組めないことが判明。かくして、ぼっちの和真は一人きりのダンジョン探索をする冒険者となった。モンスターを討伐したり宝箱を探したり、親孝行も頑張ろう。そんな和真の前に、ダンジョンの主であるダンジョンマスターが立ち塞がる。現代にダンジョン出現もののローファンタジーです。

9話までの感想。
引きこもり主人公。
設定にいくつも気になる所があるし、描写不足のせいで何でそうなるってことがいくつか。
それと主人公に魅力を全く感じない。何か一つでも気に入る所あれば見れるのに何もない。
無駄に年齢高いだけでオッサン主人公の良さは一体どこに。
地の文がこの設定に対して軽めなのも気になる。ちぐはぐな感じがする。
そんなのだから面白いとは思えなくて、先に期待できるような所が見つからない。
現代でダンジョン物、それに年齢高めの主人公。かなり良さそうだけど楽しめなかった。


志筑仁美はもう中学生  鹿目まどかはもう中学生

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

志筑仁美はもう中学生

キーワード:コメディ


完結済み。
志筑仁美主人公。
これで絶賛できるような面白さなら感想書きやすいけど、訳が分からない所が多いから書きにくい。
主人公からして突拍子も無いことばかり言って感じが掴めない。
ストーリーもぶっ飛んでいて何が何だか。ギャグで白けることもたまにある。でも好き。
所々で見るシリアスなシーンが良い具合。絶賛はできないけど面白い。

やる夫まとめサイトへ
Yaruyomi

勝手にやる夫を纏めたりするブログ

やる夫エッセンシャル

鹿目まどかはもう中学生

キーワード:コメディ


完結済み。
鹿目まどか主人公で志筑仁美はもう中学生の続編。
ギャグも多いけど方向性は前作よりシリアス気味。
悪くはないけど前作の方が面白かったかな。
埋めネタとかもあったけど、どうもすっきりしない内容。

やる夫まとめサイトへ
Yaruyomi

勝手にやる夫を纏めたりするブログ

やる夫エッセンシャル


灼熱の方程式  艦長さんと甘いお菓子  できない堂

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

灼熱の方程式

キーワード:短編 SF シリアス


冷たい方程式のオマージュ。
この手の解決法は何かと理由をつけて無理って場合が多いけど、あっさり解決。
オチのつけ方が気に入った。

やる夫まとめサイトへ
やる夫短編集 阿修羅編

艦長さんと甘いお菓子

キーワード:短編 シリアス


タイトル通り。
硬い話かと思ったけどそんなこと無く、雰囲気がだんだん良くなる。
読後感が良い。何か甘い物を食べたくなった。

やる夫まとめサイトへ
AAスレお気に入りのまとめ

やる夫短編集 阿修羅編

できない堂

キーワード:短編 SF


できない子主人公。
それほど中身のある話じゃないけど、話のリズムが良い。
面白いとかじゃなく話の進み方が好き。

やる夫まとめサイトへ
やる夫短編集 阿修羅編


型月に苦労人ぶち込んでみた

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

型月に苦労人ぶち込んでみた

原作:fate

サイト:ハーメルン

キーワード:苦労人 シスコン 転生


大抵の事はそれなりに出来る人が型月世界の人物に転生したりサーヴァントになったりする話。
最強でもないしチートでもない彼は頭と胃を痛めつつ戦場に赴く。

3話までの感想。
学生転生主人公。
どことなく嫌いなタイプの主人公と作風。書き出しの方もいきなりでテンション下がる。
一人称のダラダラとしたラノベらしいいちいち飾った文章のせいで、主人公がナルシストのようで気持ち悪い。
アルトリア視点では主人公のウザさが満点。言葉にできないほどの嫌悪感に襲われてここで限界。
主人公が合わず拒絶反応が出て駄目でした。どうしてか良いイメージが持てない。
カッコいい場面みたいのもあるけど、何かツボを外している。どうも駄目だ。
人気はかなりあるみたいだけど全然合わない。


人理を守れ、エミヤさん!

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

人理を守れ、エミヤさん!

原作:Fate/Grand Order

サイト:ハーメルン

キーワード:憑依 セイバールート後 一発ネタ FGOネタバレあり 独自設定 原作キャラ死亡あり


士郎に憑依した男がセイバールートを駆け抜け、十年後にカルデアにスカウトされちゃったお話だよ!

冬木編までの感想。
士郎憑依主人公。
設定とあらすじで良さそうかなって見てみたら、なんか思ってた主人公と違った。
軽薄な感じがしてどうも好きになれない。それでいてエミヤの出来そこないみたいでどうにも駄目。
でもランキング一位取るだけあってでも所々で面白く感じる所もある。
まあそれは良いけどやっぱり前提部分の憑依が良くない方に作用したように思う。
憑依した所からセイバールートを含め書いてあれば、こんな見方をせずに済んだろうけど。
因縁の相手と再会の所も過去の部分が切られてるから何だかなあみたいな。
結局主人公が好みじゃないから合わなかったって所が大半の理由だけど。