やる夫と赤塚不二夫のマンガ道

12345 (まだ評価されていません)
Loading...
スポンサーリンク

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道

原作:漫画に愛を叫んだ男たち
キーワード:シリアス

完結済み。
長谷邦夫役やる夫主人公。
漫画家たちの話。暗くあっさりとした描写で古い作品のためAAが微妙だったり。
正直地味過ぎて面白いとは思えないけど、量はそこそこだから結構手軽に読める。
主人公が最後まで脇役みたいな扱い、周りの人間は成功していくだけにどんよりする。
終わりは切ない。読んで楽しくなるようなストーリーじゃないけど、そう悪くなかったかな。

やる夫まとめサイトへ
泳ぐやる夫シアター

『やる夫と赤塚不二夫のマンガ道』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/03/20(月) 23:40:49 ID:2e93415b7 返信

    トキワ荘の話は藤子が描いた才能と熱意にあふれた人たちの青春物語を読んだ後で
    他の人物が描いた苦悩と挫折の話し読むと何ともいえない気持ちになるよね
    キャベツ尽くしの料理を手際よく作るカッコイイ先輩が
    実はキャベツぐらいしか食べれない惨めさに打ちのめされてたとか
    大金を気前よく払ってるように見えてその金を作るのにどれだけの苦労をしたのかとか

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/03/21(火) 18:24:31 ID:6f0e8d45b 返信

    陰鬱な話もそれほど嫌いじゃない。
    でも成功する明るい話のほうが好きだなぁやっぱり。