平凡すぎる田中君は、不死のチート持ちでした

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

平凡すぎる田中君は、不死のチート持ちでした

サイト:小説家になろう

キーワード:青春 学園 現代 ハーレム チート 現代日本

名前から顔から身長まで、平凡で特徴のない少年の田中みのる。

彼はささいな事件がきっかけで、怪奇の世界に足を踏み入れる。そこで気づいたのは、自分には「不死のチート能力」がある、ということだった。

芸能人並に美人な先輩や、誰からも慕われる生徒会長、薄幸の美少女など、平凡な彼が関わるはずのない人間たちと、次々と深い関係になっていく。

それと共に、平凡だったはずの彼の日常は、波乱と不思議に満ちたものになっていく――!?

8話までの感想。連載中。
あらすじにある通りかな。
なろうってよりラノベみたいな感じ。中二なセリフに設定でラノベ読んでるなあって。
でもなろうの手軽さに慣れ過ぎてるからか、何だかくどいような。雰囲気や文章が合わない。
それに主人公のキャラに魅力を感じられなくて、先が気になるような所も見つけられず。
好みには合わないみたい。ラノベらしい話が好きなら楽しめるのかな。

スポンサーリンク