コスパ厨のアラサー男、嫁の不倫とリストラを機に子供部屋おじさんになる ~税金対策に週三でダンジョン潜ってたら脳筋女子高生とバディ組んだ話~

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

コスパ厨のアラサー男、嫁の不倫とリストラを機に子供部屋おじさんになる ~税金対策に週三でダンジョン潜ってたら脳筋女子高生とバディ組んだ話~

サイト:小説家になろう

キーワード:伝奇 冒険 男主人公 ダンジョン バトル 成り上がり スローライフ

「知りたくないか?労働ゼロで手取り月35万稼ぐ方法」(第4話より)

宇津美京介。30歳。既婚。子供なし。某大手企業勤務。年収850万円。
順風満帆な人生を計画通り歩んでいたはずが、嫁の不倫とリストラによって、それはあっけなく崩壊してしまう。

やむなく実家で子供部屋おじさんとなった宇津美には纏まった財産があった。
元々の預金、間男から受け取った慰謝料、割増退職金、マンションの売却代金。

しばらく無職でもいいかな?と思った彼だが、一つ問題が発生する。
それは税金。
一時に大きな収入を得てしまった彼には、この累進課税制度の社会では理不尽なほどの税金が課せられてしまう。

虎の子の財産を失っては快適な寄生ニート生活が維持できない!そう思った彼は一つの制度に目を付けた。
ダンジョン冒険者ライセンス制度。
5年前、突然世界中に発生したダンジョンにはモンスターが跋扈するが、金やダイヤ、レアメタルに加えて謎のマジックアイテムなどが眠っており、ライセンスをもって探索・戦利品を国に納品する冒険者に対して各種課税優遇政策が施行されているのだ。

もちろん宇津美は一切リスクを取る気はない。
安全圏内での最低限の活動実績確保のみを目的にダンジョンに週三で潜る日々。
しかし、そこで若干17歳にして5人の家族の生活を一身に背負って戦う少女、及川真理と出会う。

子供のような大人の男。大人のような子供の女。この出会いが何を変えるのか、宇津美はまだ知らない。

11話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
なかなか不愉快でイライラさせるものがある主人公だけど、そういう駄目な所が面白いかな。
なろうのオッサン主人公って感じのオッサンじゃなくて、せこくて善人でもない所が良い。
でもやっぱりうだうだ鬱陶しい所はあるし、現実的な所とご都合主義感ある所の差がどうも。
面白かったけど、それ以上に主人公に苛立つことがあってどうにも好みには。

スポンサーリンク