集団転移で無人島に来た俺、美少女達とスマホの謎アプリで生き抜く

12345 (2 投票, 平均点: 1.50)
読み込み中...

集団転移で無人島に来た俺、美少女達とスマホの謎アプリで生き抜く

サイト:小説家になろう

キーワード:日常 青春 転移 スマホ ゲーム風 サバイバル 無人島 スローライフ ハーレム ご都合主義

【ゲーム風サバイバル物語、ここに開幕!】

主人公・藤堂大地と彼の通う高校の生徒達が集団転移した。
転移先は――地図に載っていない謎の無人島。

角の生えたウサギなど、島には未知の動物が棲息していた。
食料にするべくその動物を狩ると、死体は忽然とその場から消える。
それと同時に音が鳴るスマホ。確認すると知らないアプリが入っていた。

それは、この島で生活するのに必要な物を購入できるアプリ。
一定の条件を満たすことでポイントがチャージされ、それで買い物を行う。
拠点や食料を購入したり、買った拠点を拡張したり、拠点内に蛇口を作ったり。

日々の作業でポイントを貯め、そのポイントを使って島での暮らしを豊かにする。
いつ救援が来るか分からない中、大地は仲間の美少女達と無人島を生き抜く。

12話までの感想。連載中。
あらすじにある通りだと思う。
ハードな世界観のようだけど、主人公の周りが緩過ぎるしやっぱり色々となろうらしいかな。
でもそんなだから気楽にスラスラとテンポ良く読めるし、ストレスが溜まる所も無くて良い。
ただキャラに変わった所が無くあまり魅力は。あとストーリーに先が気になるものも無くて。
好みには割と合うものはあったけど、物足りないかな。何かもっと濃厚なものが欲しい。

スポンサーリンク