ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

サイト:小説家になろう

キーワード:悪役令嬢 逆行転生 ラブコメ タイムリープ

「なぜ、こんなことに……?」
大国ティアムーン帝国の皇女、ミーア・ルーナ・ティアムーンは断頭台(ギロチン)の上でつぶやく。
彼女を取り囲む観衆の顔には、例外なく怒りの色があった。
重税に耐えかねた民衆の革命、その手にかかって、ミーアは断頭台で処刑されてしまう。
けれど次に目が覚めた時、彼女はベッドの上に寝ていた。
八年も前、まだ子どもだった頃の姿で……。
一瞬、夢か? と安心しかけるミーアだったのだが、その枕元には彼女自身が綴った血染めの日記帳が転がっていた。
 豪奢な皇女の部屋に、ミーアのあられもない悲鳴が響いた。

 これは、やり直しの物語。
 それほど悪辣ではなかったけれど、他人の痛みにも空腹にも思いを致すことができなかった姫殿下。転生した彼女は、血染めの日記帳と自らの記憶をもとに、西へ東へ奔走する。
 斜陽の帝国の未来を救うため?
 内戦により命を落とす多くの兵士のため?
 民衆を飢饉から救うため?

 否、彼女の目的はただ一つ。
「すべてはギロチンの運命を回避するために!」

16話までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
でも結局善行をやって勘違いされる様な話っぽくて、ご都合主義な感じなのが引っかかる。
それにやっぱり女主人公らしい所がどうにも。他のキャラも話に合わせて動いてるみたいで。
ストーリーはもっと変わったものが見たかったかな。設定は少し面白そうだったけど。
女性向けみたいで向いてない。好きな人は好きそうだけど、どうなのかな。

スポンサーリンク