【R-18】呪槍が刺し示すハーレムへの道

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

【R-18】呪槍が刺し示すハーレムへの道

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:ファンタジー 異世界 ハーレム バトルロイヤル

不死の怪物、『悪の焔』の目覚めが近いと天の声が降る。それは、どのような力であろうと滅することのできない不死身の魔神。人類に悪の焔は殺せず、封印することで今日まで生きていた。

此度も変わりはない。力でもって災禍を鎮めなければいけない。その栄誉ある戦いに繰り出す『十二戦徒』を決めなければならない。

十二戦徒を決する方法、それは戦徒と言われる人間同士での殺し合いだ。刃を振るい、強者を選別し、十二人になるまで続く。その優勝劣敗の争いを選定戦と呼ぶ。

選定戦においての勝利は二つ。相手を殺すか、従者にするか。そして、悪の焔を封印した戦徒は神々の寵愛を浴びる――即ち、『願いが叶う』。

選定戦とは魔神を封じる為の前準備であり、阻害はすべからず。世界を守る戦徒への過剰干渉は許されないのだ。秩序から外れた者達による欲望渦巻く戦いに人々は沈み、とある青年リリヤは歓喜した。

ゴミのような性根をしている彼に躊躇いはなかった。裁かれないのをラッキーと行く先々で身勝手横暴レイプを堪能し、立ち塞がる邪魔な敵は容赦なくぶっ殺していき、気に入った女は従者(性奴隷)にしていく。そんなアホでクズの色狂い青年が意思ある呪槍(喋れない)を相棒に戦うハーレムファンタジー物語。

8話までの感想。連載中。
あらすじにある通りかな。
クズ主人公は嫌いじゃない。でも主人公に都合良く行き過ぎてるからかどうも苛立つものが。
多少はそういうのもあるものだけど、話の流れが強引って程じゃないけど何か引っかかって。
半端に良い所があるとかもあまり好きじゃないし。主人公の酷い所は散々見せられてるから。
どうにも主人公が強烈過ぎる。よくある作品と違うのは良いし、合う人には合いそうだけど。

スポンサーリンク