ロープレ世界は無理ゲーでした − 領主のドラ息子に転生したら人生詰んでた

12345 (1 投票, 平均点: 2.00)
読み込み中...

ロープレ世界は無理ゲーでした − 領主のドラ息子に転生したら人生詰んでた

サイト:小説家になろう

キーワード:異世界転生 ゲーム世界転生 悪役主人公 成り上がり 魔法 内政

外回り中に階段から落ちた売れない営業マンは、意識が戻った時、自分の尻に火がついていることに気がついた。ヤバい、消さないと! 目の前には木剣を振りかざし睨む少年と、ペンダントを握りしめ涙ぐむ少女。あれ、ひょっとして「あのゲーム」のやられ役に転生しちゃった?! 領主の父親は国の物資の横流しで牢屋行き。やむなく跡を継ぐ領地は大幅に減らされ、領民からは目の敵にされる始末。そういえばうちの村って、ゲーム序盤で魔物に滅ぼされるんじゃなかったっけ? チビ、デブ、ブサイクの十二歳に転生したおっさんが、舌先三寸で未来を切り開く。悪戦苦闘の日々が始まった!

13話までの感想。連載中。書籍化した。
あらすじの通りだと思う。
悪役憑依もので特別珍しい所は見つけられなかった。それだけに読みやすくはあったけど。
憑依前に取り返しの付かないことをやっていた訳でもないし、やることも普通で物足りない。
ご都合主義な感じも。それに主人公のキャラもなろうらしくてどうも合わないものが。
でも書籍化していて人気はあるみたい。良さは分からなくもないけど、向いてないかな。

スポンサーリンク