ゲート 宇宙世紀日本 彼の地にて斯く戦えり

12345 (2 投票, 平均点: 2.50)
読み込み中...

ゲート 宇宙世紀日本 彼の地にて斯く戦えり

原作:ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

サイト:ハーメルン

キーワード:機動戦士ガンダム ジム オリキャラ 宇宙世紀 オリジナル設定

宇宙世紀0080年、『一年戦争』が終結し、ジオン公国の占領下から解放された『日本』は疲弊した地球連邦政府から独立承認を受けた独立国家として存在していた。

幾度もの戦乱が起きたが、それにも巻き込まれず平和を謳歌していたある年の夏の日、銀座に突如として巨大な『門』が開き異形の軍勢が攻め入った。
銀座は蹂躙され一時は大パニックに陥るが、何とか撃退に成功した。

『銀座事件』と命名されたこの事件に、日本政府は事件の再発防止、門の奥にある世界の調査、事件の首謀者の逮捕拘束のためモビルスーツを備えた日本国独自の軍事組織『陸上防衛隊』の派遣を決定した。

銀座事件の英雄と呼ばれた『ヨウジ・イタミ』、モビルスーツパイロットで事件終息の立役者である『シン・ムラヤマ』はひょんな事から同じ部隊の所属となり異世界『特地』に踏み込んだ。

10話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
ガンダムとのクロスでMSとか出て沢山変化があってもおかしくない。でも基本原作沿い。
ほとんど原作をなぞっているだけみたいな所が多いし、無理に原作沿いにしている感じも。
だから不自然さを感じてモヤモヤするし、先が気になることは。オリジナルな展開があれば。
好みに合わなかった。やっぱりMSとか出るだけじゃなく、ストーリーに変化が欲しいかな。

スポンサーリンク