二人の女神の憂鬱

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

二人の女神の憂鬱

原作:涼宮ハルヒの憂鬱

サイト:ハーメルン

キーワード:再構成 台本形式


この物語は、もし佐々木とハルヒが同じ高校に入学していたらというif物語です。

10話までの感想。連載中。
あらすじの通り。
中を見るとセリフの前に名前が付いていて、期待していた気持ちが一気に萎んだ。
文章は酷くても読むけど、こういう書き方はどうにも。
台本形式は台本形式で良い所もあるけど、ハーメルンでそれをやられるとどうにも読む気が無くなる。
中身については入学からじっくり書いているから、10話まで進んでもいまいち盛り上がるところも無く退屈。
進めば何かあるだろうけど、ここまでで面白いと思う所がなかったし合いそうに無い。
設定は良さそうだったけど、どうにも駄目だった。台本形式が響いた。

スポンサーリンク