未来一覧

創世のアルケミスト~前世の記憶を持つ私は崩壊した日本で成り上がる~

12345 (3 投票, 平均点: 4.67)
読み込み中...

創世のアルケミスト~前世の記憶を持つ私は崩壊した日本で成り上がる~

サイト:小説家になろう

キーワード:近未来 ポストアポカリプス ダンジョン 錬金術チート スマホ魔法 転生

崩壊した東京。手にはスマホ。錬金術なんてスキル。そのうえモンスターまで出てきて、まるでポストアポカリプスもののゲーム世界。
だけれど別にゲームでもなんでもなくやることはブラック企業のごときブラック国家の運営だって!?
上司は右も左もわからない女子高生転生者で、彼女が十年の間に悪化させた状況を私がなんとかしろってどういうことなんだ!?
まだ見ぬエナドリを求め、今日も今日とてブラック国家で労働労働! 凡人だけどやる気だけは十人前! 前世がブラック企業の社員だった知識を生かしてがんばる私ことユーリの明日はどっちだ!

31話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
キツい世界観で厳しい展開、上司はイライラさせるキャラ。でもストレスは溜まらなかった。
ストーリーに疑問が多く先が気になるものがあるし、文章も読みやすく力を入れずスラッと。
主人公のキャラも積極的で面倒な所が無く鬱陶しくないのが良い。能力もあって割りと好み。
少し気になるものもあったけど、結構面白かった。世界観や空気が合えば楽しめると思う。


【R-18】青い星のファンタジア ~ファンタジー惑星に降り立った俺が、周回軌道からの艦砲射撃で無双する~

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

【R-18】青い星のファンタジア ~ファンタジー惑星に降り立った俺が、周回軌道からの艦砲射撃で無双する~

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:R-18 ファンタジー 惑星 SF

 軍人の俺は軍の高官の汚職を告発。軍の規律を正すつもりが、逆にハメられて流刑地惑星に島送りにされた。
 その航海中、船体を破損する事故に巻き込まれ宇宙を漂うことになる。
 逆に絶体絶命のピンチを利用して艦を乗っ取ることに成功した俺だが――そのまま逃走を試みるも、船の故障であえなく断念。
 やむを得ず、近くにあった生存可能な惑星に降り立ったのだが――。
 そこは人類にそっくりな人々が暮らし、魔法が花咲き、モンスターが跋扈(ばっこ)するファンタジー惑星だったのだ。

15話までの感想。連載中。
あらすじの通り。
ファンタジーでSFっぽい雰囲気が良かったかな。チートもほどほどで丁度良いみたい。
キャラや設定も割りと好みで面白い。でも何か物足りない。だからか続きが気になることも。
それに細かい所やってるのは良いけどテンポが良い方じゃ無さそうだし、段々とダレてきて。
好みに合うものは少なくなかった。でももっとスラスラと読めたら良かったかな。


量産機をありがたく思えっ!

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

量産機をありがたく思えっ!

サイト:小説家になろう

キーワード:未来 ミリタリー ロボット 量産

 太陽系から11光年離れた植民惑星に人の降り立って半世紀、植民者たちは二つに割れて争っていた。限られた生産能力と開発能力のなか、本格開戦に向けて新兵器の開発と量産の努力が続けられる。
 腐敗する中央政府を見限った植民者たちの手元には、高性能な地球製機器はほとんど無かった。地球製機器のコピーを作るのは今はまだ難しく、マイクロプロセッサすらようやくという段階、実質地球の20世紀半ば程度の技術水準で、地球製機器を多く保有し人口も多い敵に勝てるのか。だが開発主任は言う。量産で勝つ、と。

7話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
設定が面白そうで新鮮さが少しと駄目っぽい雰囲気が良かった。ただ続きが気になるものは。
SFってこともあるけどなろうらしさが薄く、チートも無く派手さや勢いも無いみたい。
説明が多くてどうにもダレてきた。SFだからそんなものだけど、その辺りを楽しめなくて。
ちょっと向いてないみたい。世界観や設定が気に入れば楽しめるかな。どうなんだろう。


カロリーが足りません(˃̵ᴗ˂̵)ノ 〜元社畜が軍用スキルを駆使してダンジョン化した東京23区の魔物グルメをたべログします〜

12345 (1 投票, 平均点: 3.00)
読み込み中...

カロリーが足りません(˃̵ᴗ˂̵)ノ 〜元社畜が軍用スキルを駆使してダンジョン化した東京23区の魔物グルメをたべログします〜

サイト:小説家になろう

キーワード:異能力バトル 冒険 サイバーパンク チート

元社畜が「ちょっとした昼寝」から覚めると……巨大犬や蜘蛛、暴走ドローンであふれる世界に様変わりしていた。
どうやら人類はいないらしい。

携帯アプリ「生存戦略」――食料から得たカロリーで軍用スキルを生成、レベルアップ可能だと知り、あちこちを巡り歩いて食料ゲットしようとするが……

「コンビニもショッピングモール、人がいないから食料手に入れ放題だけど、どれもこれも消費期限が切れてるんだよねえ」
《御主人様、カロリーが不足しています。雑草でもいいから胃に詰め込んで下さい_:(´ཀ`)》
「ダンジョンみたいに化け物がうじゃうじゃいるし……いっそこいつら食べちゃおうか?」

誰もいなくなった東京都で、携帯AIとまったり散歩したり、スキルのLv上げたり、モンスターたちを狩って食事レポしたりします。

8話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
舞台は文明崩壊した世界みたいだけど、チートでスキル伸ばしてとかなろうらしい内容かな。
主人公のキャラもそんなだし、AIも特には。なろうっぽさが強いから新鮮な感じはあまり。
それで主人公とAIのやり取りがどうにも合わないけど、そんな場面ばかりだからダレて。
スキル伸ばしたりとか世界観とか合えば楽しめるかもしれないど、好みには合わなかった。


実は俺、宇宙船を育てています

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

実は俺、宇宙船を育てています

サイト:小説家になろう

キーワード:日常 近未来 オーバーテクノロジー

 実は俺、未知との遭遇で、カップ麺のお返しに宇宙船の卵もらったんだ。 だから船はまだないんだけど、やたらとチートな相棒が出来たんだ。 2000年夏休み初日の夜に起こった不思議から始まる、地球の未来が掛かってるかもしれないお話。 (西暦ではありません、此処じゃない何処かの夏休みからのお話。) カップ麺で地球は救われたらしい、だが置いていかれたものは大丈夫か???。

10話までの感想。連載中。
あらすじにある通りだと思う。
なろうなSFみたいで色々緩く感じる所が多いけど、そういう世界として読めば良いのかな。
でもやっぱり軽過ぎるノリについていけず、子供主人公や両親のキャラも合わないものが。
だけどその辺りを重視しているようだし、ストーリーも先が気になるものを見つけられずで。
ランキングにあったから人気はあるんだろう。ノリとか合えば楽しめると思う。


星屑冒険録 ―宇宙ニートは故郷帰還の夢を見るか―

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

星屑冒険録 ―宇宙ニートは故郷帰還の夢を見るか―

サイト:小説家になろう

キーワード:人工知能 電脳世界 スペースオペラ ハーレム 掲示板

――ここよりはるかに遠い銀河の彼方。
そこの銀河では帝国と共和国という2つの大国があり、両者はお互いに覇を競い、日夜しのぎを削っていた。
無論、国が荒れ争いが多ければ、国であれ人であれ、ある時は自分の大切なものを守るため、ある時はこれを機に自分の利を得るため、尋常ならざる手段を使う人々が出てくるというものだ。

そんな彼らが頼るのが-銀河星間自由業【星屑】-

この物語はそんな銀河に浮かぶ、とある一人の【星屑】とそれを取り巻くいろいろな彗星たちの物語である

5話までの感想。連載中。
あらすじにある通りだと思う。
SFっぽいようでなろうらしさが割と。キャラが特にそうで主人公は更に。そこが苦手かな。
設定とかは色々あって説明多め。だから文章はスラスラって感じじゃなく少し合わなかった。
謎があるのも別に良いけど、何だか良く分からないだけで微妙にストレスが溜まってきて。
向いてないみたい。なろうなSFが好きなら楽しめると思うけど、どうなのかな。


宇宙漂流の果てに超高度文明に救われた私が、地球の管理者になって、ほどほどに頑張る話(仮)

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

宇宙漂流の果てに超高度文明に救われた私が、地球の管理者になって、ほどほどに頑張る話(仮)

サイト:小説家になろう

キーワード:異能力バトル ヒーロー 近未来 超能力 学園 チート 未来 シリアス

 月の資源開発を目的に地球を飛び立った軌道船で爆発事故が発生。乗組員のソウマは船外へと投げ出される。無限の宇宙での漂流。霞みゆく意識。夢を視ながら、死を覚悟した時、ソウマは謎の構造物と遭遇する。

 辿り着いた無人船は、超高度科学技術を有するに至った宇宙先史文明の遺産であった。遺産の管理を統括する人工知能は、ソウマに全ての権限を移譲する。地球の管理者として、第二の生を得たソウマは、時に地球人類を庇護し、時に地球人類と対峙しながら、その職責を全うしていく。

悠久漂流帝国リムスベルト「来訪者」編までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
ただ地球の管理者になるまでの経緯が描写されず、いきなり話が始まってるからんんって。
そこが分からないままストーリーが進んで、疑問が疑問のままだからサッパリな感じで。
いきなりバトルがあるしストーリーにSFらしさはあったけど、どうもついていけなかった。
ランキングに載っていたから人気はあるんだろう。でも向いてないみたい。


地球から追放されたけど、お土産付きで帰ってきます。

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

地球から追放されたけど、お土産付きで帰ってきます。

サイト:小説家になろう

キーワード:日常 近未来 ほのぼの 未来 ロボット 超能力

織田兼次45歳 自称地球最強の超能力者であり独身である。
平和な日常を送っていたが敵対する組織に地球から追放されてしまう。
しかし、その時に一緒に巻き込まれた女子高校生3人組や、
自称宇宙最強の人工頭脳や異星人と仲良くなって一緒に地球に戻ってきます。

でも、戻ってきた地球は滅亡に向かってました・・・・

10話までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
ジャンルはSFだけど、雰囲気軽過ぎてあまりそれらしくはない。なろうらしいけど。
ストーリーはちょっと面白そうだった。でもやっぱりなろう色が強くて合わないものが多い。
主人公にも何だか気持ち悪さを感じる所があるし、他のキャラもあまり好きになれず。
向いてないみたいだけど、ランキングに載っていたから人気はあるのかな。