歴史一覧

変態紳士の生存戦略-大英帝国戦記-

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

変態紳士の生存戦略-大英帝国戦記-

サイト:小説家になろう

キーワード: IF戦記 逆行転生 英国面

21世紀の日本人が突如として20世紀初頭の大英帝国に転生。
転生時に目覚めたチート技能(副作用あり)と史実知識で生き残りを図らんとする、テッド・ハーグリーヴスの明日はどっちだ!?

6話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
チートもあるし雰囲気は結構緩いし、割と好みに合うかな。気楽に読める内容で悪くない。
でもショタとかそれに関係する場面はちょっと好みには合わなかった。しかし、それが多い。
その辺のノリはどうにも。それと6話のようなセリフもなく物語的じゃないのはあまり。
好みに合うものは少なくなかったけど、合わない所も多くあまり続きが気になったりとかは。


転生海賊物語 ~村上海賊の次男として戦国を生き残る~

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

転生海賊物語 ~村上海賊の次男として戦国を生き残る~

サイト:小説家になろう

キーワード:逆行転生 戦国 内政 村上海賊 タイムスリップ

とある客船の航海士だった主人公は海難で命を落とした。
しかし目を覚ますとそこは1540年代の瀬戸内海?!

兄は村上水軍最盛期を築くこととなる村上武吉。
本来は存在しなかったはずの次男として生きる主人公。

しかし、時代は残酷であった。

いくつも襲い掛かって来る困難。
出会い、別れ、死、生。
数多の困難を超えて彼は生きていく。

8話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
結構硬く歴史ものらしい空気。だから転生要素は少ないのかな、知識チートとか無さそう。
主人公もすぐその時代と立場に適応して転生者っぽくないし、心理描写もその辺りはあまり。
戦いの描写はじっくりでそれは良い。でもそこまでの流れが結構早くてついていけず。
ランキングに載っていて人気はあるんだろうけど、向いてないみたい。


転生内親王は上医を目指す

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

転生内親王は上医を目指す

サイト:小説家になろう

キーワード:逆行転生 女主人公 明治/大正 史実改変

「上医は国を医(いや)す、中医は人を医す、下医は病を医す」――

日本史の教師になりたかった、城郭オタクの初期研修医、半井梨花(なからいりか)(24歳、♀)。
当直明けに階段の最上段から転落し、目が覚めると、明治時代の内親王(5歳、美幼女)に転生していた。
元老(おっさん)だらけの逆ハーレムに放りこまれた彼女は、日本の城郭を戦火から救うため、そして、父と兄を病魔から守るため、奮闘するのだが……

まったりif近代史、開幕!

2章までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
女主人公で後ろ向きな性格かな。ちょっと鬱陶しさを感じるし、好きになれないタイプ。
展開は急な所があってついていけなかった。ストーリーも好みに合わない所が多くてどうも。
でもあっさり正体を明かしてるのは良い。歴史の改変が大きくなりそうで期待できそう。
ただ女性向けみたいでどうにも向いてないかな。空気が合わない。人気はあるみたいだけど。


元自衛官が明治時代に遡行転生!なんか歴史が違うんですけど!?

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

元自衛官が明治時代に遡行転生!なんか歴史が違うんですけど!?

サイト:小説家になろう

キーワード:IF戦記 逆行転生 日露戦争 日清戦争

メイジそれは激動の時代。
その時代、極東の小さな島国がまさに滅亡の危機を迎えていた。
その大きな渦中に平成の記憶を持つ一人の自衛官が転生する。北の地に再び生まれた彼は、猟師(マタギ)としての第二の人生に納得していたはずであったが……。

しかし自らの知る歴史との乖離(かいり)を見た彼は、再び日本国を守る為に銃を持つ。平成の自衛官として生きた記憶を持ち、メイジの日本軍として戦う彼に待ち受ける帝国の侵略とは!?

百年余り進んだ知識を持ってしても、決して楽な戦争ではない。鉄と火と、そして泥にまみれた戦場で、一体彼に何が成せるのだろうか。
未曾有の国難を乗り越え、皇国の危機を救えるのか。

14話までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
歴史ものだけど、平行世界だから違う所が多いみたい。それに濃厚な熊との戦いもある。
だからよくあるようなチートだとか内政だとかそういう話じゃないから、そこが気に入った。
何を言っているのか分からない言葉も空気を感じられるし、文章も悪くなかったかな。
結構シリアスで好みに合ったけど、ここからはどうかな。続きに期待。


目指せ樹高634m! 〜杉に転生した俺は歴史を眺めて育つ〜

12345 (2 投票, 平均点: 3.00)
Loading...

目指せ樹高634m! 〜杉に転生した俺は歴史を眺めて育つ〜

サイト:小説家になろう

キーワード:逆行転生 人外転生 歴史 チート

男は神様によって転生させられた。
しかし、異世界ではなく縄文時代で種族は杉。
スカイツリーよりも高くならなくては人間には戻してもらえないらしい。

彼は慣れない種族に苦しみながらもなんとか200m強まで育て上げる。
だが、戦争(平将門の乱)により火をつけられ、燃え落ちてしまうのだった。

気がついたら二周目をさせられることになっていた。

二周目も縄文時代(最初から200m)からスタート。

これならいける。

葉っぱを飛ばして経絡秘孔をつき、耐熱性を上げ、200度の温度に耐えられる樹皮を手に入れた杉(?)は、いつしか日本を代表する杉。大和杉と呼ばれるようになっていた。

彼に仲間ができるのはいつの日か。

6話までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
とにかくタイトルが気になった。結構珍しいタイプ、かなりファンタジー寄りみたいだけど。
雰囲気はゲームっぽい所もあるし軽くてふんわりしてる。頭を使わず気楽に読めそう。
でも主人公が動けないしほとんど何も出来ない。考えているだけの場面が多くて少しダレて。
キャラがもっと出て主人公を中心に大きな動きがある所を見たい。まだまだこれからかな。


戦国時代に転生したので、内政で村を発展させます〜今川氏真の逆襲〜

12345 (まだ評価されていません)
Loading...

戦国時代に転生したので、内政で村を発展させます〜今川氏真の逆襲〜

サイト:小説家になろう

キーワード:IF戦記 史実 時代小説 逆行転生

主人公、寺倉蹊秀(みちひで)は現代から転生した名もなき戦国武将。現代で得た知識を元に領内を発展させていく。子供の頃から行動を起こし周りからは“神童”と呼ばれ尊敬されるが、寺倉家は蒲生家の家臣であり六角家の陪臣。瞬く間に領内を豊かにしていく寺倉家に対し、六角家は何を思うのか。

そんな中、偶然領内を訪れた氏真と仲良くなるが、やがて滅亡していく今川家を束ねる当主、今川氏真は自らの運命にどう立ち向かうのか。

2人が再会した時、戦国の歯車は少しずつずれていく。

9話までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
内政チートは割とよくあるようなもので珍しさは無かったけど、手軽な感じで悪くないかな。
でもそれ以上な所は見つけられず、逆に細かな部分が気になってモヤモヤすることが少し。
それに主人公のキャラが好みじゃない。だからか文章も何か引っかかって合わないかな。
ランキングに載っていて人気みたいだけど、続きが気になるって所も無く向いてないみたい。


天寿を全うするはずだった織田信長をタイムスリップで本能寺から救った俺は命の恩人 チートスキルは否定されちゃいました。

12345 (4 投票, 平均点: 1.00)
Loading...

天寿を全うするはずだった織田信長をタイムスリップで本能寺から救った俺は命の恩人 チートスキルは否定されちゃいました。

サイト:小説家になろう

キーワード:オリジナル戦記 タイムスリップ ほのぼの生活

鹿島神道流の師範の父と、陰陽師の家系の母から育った真琴は中二病?
中二病と言われていた行動には理由があった。
真琴は修学旅行でとある古刹の寺の本尊のある地下通路を進むと扉が・・・・・・
その先に広がる世界は戦国時代でした!?
これってタイムスリップ?信長に出会ってしまった真琴はどうなる?
地球が丸いと理解する織田信長って、タイムスリップも理解できちゃうの?
織田信長って意識高過ぎる上司?織田軍ってブラック企業?信長話せば意外と良いやつじゃん!
平成の高校生が織田信長に妄想力・想像力・知恵を買われて立身出世をしていく物語の開幕です。

25話までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
かなり軽い雰囲気のある作品で、主人公は不真面目と言うか言動が酷くて引っかかるものが。
だからノリについて行けず、ギャグも合わなくて。ファンタジーな要素があるのにも躓いて。
もっとテンポよく進んでほしいかな。展開はゆっくりみたいで、何だかいらなそうな場面も。
ちょっと好みに合わなかった。ランキングに載っていたから人気はあるみたい。


私による近代日本改革記

12345 (5 投票, 平均点: 2.60)
Loading...

私による近代日本改革記

サイト:小説家になろう

キーワード:日常 IF戦記 逆行転生 明治/大正 料理

202X年8月10日…朝から30度を超える猛烈な暑さの日に全てが変わった。
この日、食品会社の新商品開発部の主任として長年勤務していた阿南豊一郎(46歳)は、出勤して間もなく激しい頭痛に襲われてそのまま還らぬ人となった。
だが、何者かの気まぐれにより阿南が意識を取り戻して再び目が覚めると、時代劇に登場しそうな古い家の中で彼は目を覚ました。
そこで阿南は母親を名乗る人物から色々と聞かされて愕然とする。
なんと日清戦争が終結し、日本と清国の講和会議が行われた1895年4月17日に同姓同名の少年に転移していたことが判ったのだ。
阿南は食品会社にいた前世の知識と社会史で習った歴史の記憶を生かして凄惨な戦争を回避するべく、知っている限りの未来知識を使って日本の歴史を大きく変えることを決断するのである。

19話までの感想。連載中。
あらすじの通りだと思う。
だけど、今の所ストーリーはあらすじとは全く別の方向に進んでいるみたい。
つまらない訳では無いけど、思っていたものとは違うし、展開も唐突な所があってどうも。
それに微妙にストレスが溜まることが多く、好きになれるキャラも見つけられずで。
しかし面白くなりそうな感じも。ランキングに載っていて人気はあるみたい。どうなのかな。