その他一覧

テセウスの魔棲物

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

テセウスの魔棲物

原作:僕のヒーローアカデミア

サイト:ハーメルン

キーワード:ボーイズラブ 転生 性転換 魔改造もの 独自設定・解釈

その転生者たちは現状に疑問を抱いていた。彼女たちは今いる世界を制覇した後、僅かな希望に縋って異世界へと渡った。そうしてやってきたのが『僕のヒーローアカデミア』の世界だった。

8話までの感想。連載中。
あらすじにある通りだと思う。
設定とか好みに合いそうだったけど、良く分からなかったり分かり辛かったりする所が多少。
どこに向かっていってるのかサッパリで引っかかったりも。でも何か面白くなりそうな気が。
原作主人公がおかしなことになっていて、周囲のキャラとの関係がどうなるか楽しみかな。
好みに合う要素は多めだけど、物足りなさや気になる所も。これからどうかな、少し期待。


空を飛ぶ程度の――

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

空を飛ぶ程度の――

原作:インフィニット・ストラトス

サイト:ハーメルン

キーワード:東方Project 博麗霊夢 独自解釈 勘違い

 インフィニット・ストラトスの世界に生まれた博麗霊夢さんが、IS学園でゆっくりしたいお話です!

9話までの感想。連載中。
あらすじの通り。
でも能力とかファンタジーな部分が無いからか、オリキャラ感があって全然違うような。
他のキャラもちょっと違った感じが。それで日常でラブコメっぽさがあってあまり好みには。
ストーリーに何か続きが気になるものがあれば良かったけど、そういう話でもなさそうで。
丁寧な作りでそこは悪くなかったけど、向いてなかった。期待していた感じとは違ったかな。


シンフォギアの消えた世界で

12345 (2 投票, 平均点: 3.00)
読み込み中...

シンフォギアの消えた世界で

原作:戦姫絶唱シンフォギア

サイト:ハーメルン

キーワード:オリ主 戦姫絶唱シンフォギアXD

夜勤終わりのどこかボケた頭でアプリゲームの“戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED”をスマホとPC両方でやっていた只野仁志(ただのひとし)は、手元を狂わせてスマホをPCへ落下させてしまう。
その瞬間、PCの画面がブラックアウトし再び点いた時にはどこかで見慣れたものが映し出されていて……
「っと……あれ?」
そこから出てくるのは“立花響”その人。そして判明する衝撃の現実。
「嘘、だろ……」
シンフォギアという作品どころか声優達さえ響が出現した影響なのか変化しており、世界全てから“戦姫絶唱シンフォギア”そのものが消滅したのだ。
ただ一つ、只野の記憶を除いて……。

6話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
現実来訪な話で好みに合いそうだったけど、主人公に引っかかる所が多くてどうにもこれは。
いちいちしょぼさを感じるものがあるし、話の展開もちょっとついて行けないものがあって。
主人公に向けられる好感度が高いのも何かモヤッと。細かいこと気にしても仕方ないけど。
向いてないみたい。主人公が合って設定とか好みなら楽しめると思うけど、どうかな。


転スラ~最弱にして最凶の魔王~

12345 (3 投票, 平均点: 1.00)
読み込み中...

転スラ~最弱にして最凶の魔王~

原作:転生したらスライムだった件

サイト:ハーメルン

キーワード:オリ主 クロスオーバー 転移 めだかボックス 独自解釈 独自設定 他作品ネタ

 「転スラ」世界に存在する魔王たち。そんな中に、一際異質な魔王が存在した。全くと言っていいほど力が無く、全くと言って物的被害が無い魔王。壊しはせず、殺しもせず、しかし心を壊す魔王。
 かの魔王は人々に、そして魔王たちにこう呼ばれる。
 『番外魔王』『最弱にして最凶の魔王』―――

 『過負荷』と……。

「まぁ!オールイズファンタジーなんだけどね!」

「「※一話限りの短編です。」なんて現実、僕が受け入れるわけないだろう?」

20話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
球磨川禊みたいな主人公かな。こういうのは本物を書けないからみたいでそこでんんーと。
それにキャラ自体も癖がかなり強いからますます。だからか考えややってることで躓いたり。
好き勝手してるのは好みに合うけど、中途半端な感じもしてきて段々とダレてきたりも。
好みな所もあったけど、合わないものの方が多いみたい。でも主人公が合うなら良いのかな。


死なない少女の英雄志願

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

死なない少女の英雄志願

原作:僕のヒーローアカデミア

サイト:ハーメルン

キーワード:転生 女主人公 独自設定

前世の記憶を持つ少女。
平穏を望んでいた彼女は、ある時、敵と遭遇したのをきっかけにヒーローの道を志す。
生存特化の“個性”。
人よりしぶといことと原作知識を糧に、平和な世界を作ろうと足掻いていく。

10話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
主人公の個性が地味で主人公の性格も地味。だからかストーリーも派手な所を見つけられず。
原作知識を明かすとかは良さそうだったけど、原作から大きく外れることも無く物足りない。
特別引っかかる所は無かったけど、キャラも何か馴染まないものがあったしどうもちょっと。
向いてなかったみたい。女主人公だしそういうのが合うなら楽しめると思うけど、どうかな。


殺し合いで始まる異世界転生

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

殺し合いで始まる異世界転生

原作:HUNTER×HUNTER

サイト:ハーメルン

キーワード:神様転生 FGO 死亡キャラ生存 生存キャラ死亡 クルタ族

死んで転生、特殊能力持ちのテンプレ。
ただし違いが一つ、同じように特殊能力を持った相手が転生し、お互いに殺し合わなければならない。これはそういった『神の悪意あるゲーム』の一つである。

転生先はH×Hの世界、選んだのはサーヴァント召喚能力。
さあ、全力で生を掴み取れ。

8話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
良くも悪くも二次創作って感じがするかな。引っかかるものが多かったけど、良い所も割と。
何となく空気は合うし、頭を使ってるのが良いような。でもんんって所もいくつかあった。
文章は合ったみたいで読みやすく主人公も悪くなかった。キャラ同士のやり取りもなかなか。
ただやっぱりテンプレ感があるし、もっとオリジナルなものが見たい。好きなタイプだけど。


「宇宙世紀……じゃない? スパロボだ、コレ!?」

12345 (2 投票, 平均点: 4.50)
読み込み中...

「宇宙世紀……じゃない? スパロボだ、コレ!?」

原作:スーパーロボット大戦

サイト:ハーメルン

キーワード:転生 クロスオーバー 捏造設定

ある日、若き財閥総帥ヘイデス・プルートはそこそこのスパロボプレイヤーだった前世の知識を思い出してしまう。
彼が前世を思い出したのは、自分の居る世界がファーストガンダムを含む宇宙世紀のようでいて宇宙世紀でない世界だと気付いた瞬間だった。
やがて訪れる参戦作品の敵勢力との戦いを意識し、ヘイデスはスパロボ知識を活かしながら現実となってしまったこのスパロボ時空を生き抜くべく、胃と神経を痛めながら奮闘するのだった。

7話までの感想。連載中。
あらすじにある通りかな。
何か色々やってるし色々動いてるようだけど、動いてないような。あまり派手な所も無いし。
原作キャラが出てる所は面白そうな感じもしたけど、どうにも物足りなさが溜まってきた。
それに主人公はグダグダやってること多くて合わず、文章も重いみたいでその辺りちょっと。
好みに合う所もあるけど合わない部分も多い。でもまだ始まったばかりだし、これからかな。


オリ主が茨木童子になって鬼滅の世界にGOする話

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

オリ主が茨木童子になって鬼滅の世界にGOする話

原作:鬼滅の刃

サイト:ハーメルン

キーワード:憑依 性転換 FGO 茨木童子

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!目が覚めたら山の中にいて、FGOの茨木童子になっていた。な…何を言っているか分からねーと思うが、俺も何が起こっているのか分からなかった。…というかマジでどうすればいいの?お家どこ?誰か助けて⁉︎
何の説明も無く鬼滅の刃の世界に放り出されたオリ主。死亡フラグだらけの世界ではたして生き残れるのか。

7話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
主人公のキャラはよくあるオリ主って感じで、妙に軽くあまり頭を使ってないようなキャラ。
だから基本的に緩い空気があって、シリアスやっても噛み合ってなくて違和感があるような。
ストーリーも当たり障りのない感じがして、もうちょっと思い切った展開や行動とかあれば。
向いてないみたい。でもオリ主が原作キャラに絡むような話が好きなら楽しめるのかな。