「前世の記憶がある」と自称する幼馴染と野球をする話

12345 (2 投票, 平均点: 3.00)
読み込み中...

「前世の記憶がある」と自称する幼馴染と野球をする話

サイト:小説家になろう

キーワード:日常 青春 逆行転生 ラブコメ スポーツ 野球 ラブコメは保険

『…皆さんに、勝利の喜びを教えてあげます。』

 入部早々に弱小野球部を制圧した女子生徒は、そう言った。

 投・打・走のすべてで圧倒的な能力によって、野球部の実権を握った新入部員。
 【 山崎 桜 】は、自称…前世の記憶を持つ女である。
 俺こと北島 悟は、こいつと小学生の頃からの付き合いだ。こいつが本当に前世の記憶を持った未来人なのかは俺にはわからない。
 わかっているのは、こいつが『やる』と言ったことは必ずやるやつだという事、そして『やれ』と言った事は必ず完遂させられる、という事だけなのだ。
 ちなみに俺は10年来の子分扱いである。逆らうことは不可能なのだ(身に染みているのだ)。

 これは山崎 桜という破天荒かつ超人的とも言える身体能力の女子と、彼女に引っぱりまわされて一緒に高校野球で甲子園にちょっと出場する(山崎の言である)事にした、俺とチームメイトの話である。

25話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
結構軽い方で読みやすく、躓くことやストレス溜まることが少ない。雰囲気明るくて好み。
転生者なヒロインも面倒な感じがしなかったのが良かった。なかなか愉快な性格が良い。
ただ作者が書きたい部分だけ書くってことがあるせいか、何か引っかかるものが段々増えて。
途中までは良かったけど、勢いやテンポもちょっと。それでも悪くは無いけど、どうも何か。


麻賀禮(まがれ)

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

麻賀禮(まがれ)

原作:空の境界

サイト:ハーメルン

キーワード:転生 憑依 性転換 原作知識 独自解釈 オリジナル展開 キャラ改変

―――もう ここに いたくない―――

気がつくと『空の境界』のふじのんこと
浅上藤乃になっていた!

性的暴行受けたり殺し合いしたり
視力が低下したりそんな未来は御免だ。

世の不合理をねじ曲げてやる!

32話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
シリアスもやってるけど、あまりそんな感じはしない。結構軽い所があってそっち寄りかな。
主人公のキャラや能力、展開もそんな感じだから気楽に読める。軽過ぎる気もするけど。
でもそういう所が良さでもあると思うし、ご都合主義とかも気にしなければ問題ないかな。
ノリが合うなら楽しめると思う。好みに合う方だけど、合わないものや物足りなさもあった。


昭和にタイムスリップしたので未来のアニソンボカロで成り上がることにした

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

昭和にタイムスリップしたので未来のアニソンボカロで成り上がることにした

サイト:小説家になろう

キーワード:日常 青春 ラブコメ 昭和 アイドル タイムスリップ 憑依

平成に生まれ令和をまたにかけて生きている男が、起きるとそこは1982年12月3日の東京、自分の高校生時代に容姿が酷似している高校一年生 香川直樹に憑依していた。

そんななか、西正和という芸能プロダクションのマネージャーが現れ、彼は昭和の音楽業界でアイドルとして生きていくことになってしまう。

彼は元の時代のアニソン・ボカロを使って音楽業界に衝撃を与えていく。

13話までの感想。連載中。
あらすじにある通りだと思う。
やってること自体は面白そうだけど、荒さを感じることがあって色々気になる所があるかな。
文章も分かり辛さがあったし、主人公も理解できないものが多少。もう少し描写が欲しい。
それに結局曲をパクってるから、そのことが引っかかって。改変していてもそこがやっぱり。
合わない部分も多く、どうも主人公も合わなかった。好みに合うものも割とあったけど。


ダンジョン・バスターズ ~中年男ですが庭にダンジョンが出現したので世界を救います~

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

ダンジョン・バスターズ ~中年男ですが庭にダンジョンが出現したので世界を救います~

サイト:小説家になろう

キーワード: 異能力バトル 冒険 パンデミック 現代ダンジョン カード ガチャ

 東京都江戸川区鹿骨町…… 交通の便の悪いこの町で経営コンサルタントとして気楽な独身生活を過ごしていた江副和彦は、ある日自分の庭に、奇妙な穴が出現していることに気づいた。延々と続く石造りの階段を降りると、15メートル四方の奇妙な空間と扉があった。頭の中に声が響く。

〈世界律に基づき「ダンジョン・システム」を起動します〉

 そして目の前に「レジェンド・カード 妖艶なるくノ一 朱音」が出現する。混乱状態の主人公に、カードから顕現した黒髪の巨乳美女は告げた。

「これから1公転間に、全世界に合計666のダンジョンが出現します。そして10公転後、世界中が魔物に埋め尽くされ、この世界は滅びます。滅亡を回避するためには、ダンジョンを討伐するしかありません」

【ダンジョン・ルール】
1. ダンジョンにはレベルも経験値もない。強さを示す「ランク」はあるが、ランクが上がって強くなることはない。魔物を倒すことで得られる「強化因子」を取り込みながら、己の肉体を鍛え続けるしかない。
2. 魔物は倒すとドロップアイテムを落とす。また一定の確率で「カード化」し、自分の仲間として戦わせることが出来る。また魔物カードは、スキル「カードガチャ」で他のカードと交換できる。
3. ダンジョン内に外部から武器は持ち込めない。持ち込んだ場合はすべてカード化される。ダンジョン内に持ち込める武器は、ダンジョンで得た武器か、カードガチャで得た武器だけである。
4. ダンジョンの強さは最低がDランク、最高がSランクである。また通常の人間の強さはFランク、世界最強クラスでもDランクである。ダンジョンを討伐するためには、人間の限界を超えるしかない。
5. ダンジョンは、地上の144倍の速度で時が流れる。地上の1時間は、ダンジョン内では6日間に相当する。

 世界各国の思惑が蠢く中、40歳の中年男は滅亡を防ぐため、仲間を集めてダンジョンに立ち向かう。彼らは後にこう呼ばれた。「ダンジョン討伐者(バスターズ)」と……

8話までの感想。連載中。
あらすじにある通りだと思う。
割りと細かな所までしていて描写もじっくり。ただ基本的な部分はよく見るものかな。
主人公の行動は理解できないものがあって躓くことが多少。それに展開もご都合主義っぽく。
政治関係の場面は面白くなりそうなものがあったけど、少しギャグ寄りのようでどうも。
でも主人公や雰囲気が合う人は楽しめそう。あと設定とかそういうのが好きなら。


ダンジョンID1番 中年の気ままな冒険

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

ダンジョンID1番 中年の気ままな冒険

サイト:小説家になろう

キーワード:日常 冒険 ギャグ シリアス 男主人公 人外 現代 チート 魔法 ダンジョン

鬱で他人との接触が嫌いな中年、千社 数人は不思議な出来事がありID1のステータスカードを取得する、自分の嫁、周りの仲間達とダンジョンでレベルを上げ、半年後の地球の異変に対応して自分達だけは守る為に中年おっさんは頑張ります。

20話までの感想。完結済み。
あらすじにある通りかな。
緊張感とか何も無いし、ダラダラと読むものかな。なろうらしい内容で滅茶苦茶軽いノリ。
そんなのだから主人公を含めてキャラも軽い調子。それでダンジョン潜るからどうも躓いて。
文章は描写が薄くて一話が短い。だから簡単に読めるけど、やっぱり描写が足りないから。
ちょっと向いてないみたい。細かいことを気にせず頭空っぽにすれば楽しめるかも。


追放賢者ジーンの、知識チート開拓記

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

追放賢者ジーンの、知識チート開拓記

サイト:小説家になろう

キーワード:知識チート 主人公知識最強 成り上がり

バウスフィールド伯爵家の長男であるジーンは、魔族との混血であったため、家から追放され賢者の塔という学術機関にいた。
だが、伯爵家の跡を継いだ腹違いの弟クレイグは、賢者の塔からもジーンを追放する。

職を失ったジーンは、一代限りの貴族、騎士爵に任じられ、いまだ誰も開拓に成功したことがない危険な土地、スピーシの大森林開拓を命じられる。

何もかも失い、スピーシ大森林開拓に向かうジーン。
彼は、かつて命を救ったホムンクルスの少女ナオを連れ、未開の大地に挑むことになる。

武器は圧倒的な知識と、オリジナル術式、手乗り図書館。
ジーン「こんなこともあろうかと、用意してあったのだ」

ナオ「さすが先輩です!」

これは、元貴族の追放賢者ジーンによる開拓一代記。

10話までの感想。連載中。書籍化した。
あらすじにある通りだと思う。
転生じゃないし良くあるものじゃ無さそうな所もあったけど、やっぱりなろうらしさが結構。
だからか面白そうって所やストーリーに続きが気になるような所を見つけられなかった。
主人公のキャラも何か鼻につくものがあってどうにも。他のキャラについても合わなくて。
ランキングにあったし書籍化したから人気はあると思うけど、良さがあまり分からなかった。


やる夫は奴を倒すそうです

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

やる夫は奴を倒すそうです

原作:CardWirth
キーワード:コメディ ファンタジー 冒険

最新話までの感想。連載中。
デュラハン退治を目標としたパーティの話かな。
一話一話はそう悪くないけど、全体として見るとやってることが小さなことばかりでどうも。
依頼を受けてそれを解決しての繰り返しで、あまり目的に近づいてる感じがせず段々ダレて。
雰囲気は軽めでアッサリな所あるからそこは読みやすい。でも説明も少なくないようで。
割と好きな方だけど、もう少し何か。合うなら原作についての解説もあるしそれをやっても。

やる夫まとめサイト無し?
スレ 


【R-18】指令「スキルガチャだけど無双せよ!」

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

【R-18】指令「スキルガチャだけど無双せよ!」

サイト:ノクターンノベルズ

キーワード:R-18 異世界転移 中年 ギャグ シリアス 西洋 中世 ハーレム チート

 気が付けば白い部屋で、神々しい雰囲気の少年と出会っていた。
 鑑定やアイテムボックス。お約束スキルを要求するも、「飽きた」の一言で却下される。
 このままだとまずい――。オッサンは起死回生の一手を放った。

 「スキルガチャとかどうよ?」

 「いいね、面白そう!」

 エロいことをして、ガチャを回してスキルアップ! 果たしてジンは無双状態に辿り着けるのか?

11話までの感想。連載中。
あらすじにある通り。
なろうに良くありそうな世界観に設定で珍しさとか新鮮さはあまり。でもだから読みやすい。
緩くて軽い内容だからスラスラと。雰囲気も割りと好みに合う方みたいで悪くないのかな。
ただやっぱり変わった所が無いから先が気になることも無いし、ガチャも期待した感じでは。
ダラダラ読むには良いと思うけど、何かもっと面白くなりそうな所とかがあれば。